« 真夜中のライアー | トップページ | オカロラン »

ライアー誕生

Pict2992

ライアーが誕生した時の面白いお話があったのでご紹介しますね。

ライアーはシュタイナー教育でよく使われますが 実際に創ったのは

プラハトさんという音楽家とゲルトナーさんという彫刻家なのです。

プラハトは1922年にスイスのゲーテアヌム(人智学協会の建築物)

移り住み シュタイナーの下で人智学を学んでいました。ところが

1922年その年にそのゲーテアヌムは火災に遭います。プラハトは

火災の後も焼け残った物を守る活動をしながら勉強を続けました。

その中で 音楽家だった彼は現在の音楽が外へ外へと向いている

感じます。そして これからは人間の内面へ向かっていくような音楽

が必要なのではないかと考えるのです。彫刻家のゲルトナーとともに

未来へ向けた楽器として「ライアー」の構想ができあがっていきました

1926年 2人はライアーを作るために乾いた「にれの木」を探していま

した。そして以前 火災に遭った時焼け残った柱として保存してあった

木の中にそれはあったのです。

1926年10月5日 ゲルトナーは一晩熱中して仕事をしました。そし

て翌6日 ライアーは出来上がったのです!

この日 ゲルトナーに何があったのでしょう。天使が降りて来て

「今がその時です。さあ!」・・・・・・と言ったかどうかはわかりませ

んが このようにしてライアーは未来を託した楽器として誕生した

のです。

シュタイナーは「偶然はない。すべては必然である」と言ったそうで

すが ゲーテアヌムが火事に遭った事も ライアーが誕生した事も

必然だったのでしょうね。

|

« 真夜中のライアー | トップページ | オカロラン »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/6698915

この記事へのトラックバック一覧です: ライアー誕生:

« 真夜中のライアー | トップページ | オカロラン »