« ライアー誕生 | トップページ | 空の中にある幸せ »

オカロラン

オカロラン(1670-1738)はアイルランド最後の吟遊詩人といわれた

ハープ奏者&作曲家です。彼は若くして失明した後に ハープを

持って旅に出ます。そして 行く先々の土地でそこの地主さんたちに 

曲を作り 捧げていったのです。 哀愁漂う美しいメロディーは 今

なおアイルランドの人たちに愛され続けています。 私もオカロラン

の曲は大好きです。今日は よく弾くオカロランの曲をあげてみたい

と思います。

[アンサンブル編]

*   Planxty Irwin(アーゥィン氏に捧ぐ)

*   Carolan’s Quarrel with the Landlady (大家さんとの

    けんかという面白い題です。とてもそんな感じはしない優雅な

    曲ですが・・・)

*  Carolan’s Draught

この3曲は似た感じの爽やかな曲です。アレンジも華やかなので

コンサートではよく弾きます。

[ソロ編」

*  Eleanor Plunkett(ご主人を亡くしたエレノアさんという女性

   のために作られたと聞きました)

*  Sheebeg and Sheemore(小さな妖精の丘 大きな妖精の

   丘。オカロランの処女作です)

*  Squire Wood's Lamentation on the Refusal of his Halfpence

       (訳し方が難しいのですが・・・いい曲なのです!)

アンサンブルは華やかな曲を弾く事が多いですが ソロで弾く曲は

しっとりした曲が多いですね。今思えば Eleanor Plunkettで

ライアーにはまったのかもしれません。初めて聴いたとき なぜか

日本的な感じがしました。

200曲はあるといわれているオカロランの曲をもっと知りたいなー

と思っていたら なんと全集を借りられる事になったのです!

ありがとうございます!楽しみです~。

|

« ライアー誕生 | トップページ | 空の中にある幸せ »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/6756317

この記事へのトラックバック一覧です: オカロラン:

« ライアー誕生 | トップページ | 空の中にある幸せ »