« フォーレのレクイエム | トップページ | 3月12日ライアーミニコンサートinららぽーと横浜 »

ソプラノとアルトライアー

 ソプラノとアルトを弾き比べてみて思うのは 響きの量が違うなあと

いう事です。ソプラノだけを弾いている時はここまでの差に実際

気づきませんでした。ただ アンサンブルでは普通アルトが伴奏で

ソプラノがメロディーを担当します。ソプラノとしてはメロディーが

際立つように意識して弾きますが どうしてもアルトの響きの前に

音量が足りなく感じてしまいます。昔はこの2つのこれほどの響きの

差に気づかず ソプラノパートとして頑張ってしまっていました。

音が響くように、でも力まないようにしないと響かない・・・とジレンマを

感じたこともありました。でも ソプラノとアルトの楽器のそれぞれの

個性に気づいてからは 無理をしないようになりました。ソプラノには

ソプラノのアルトにはアルトの響きがあるのだと。

 でもライアーを創る時 この辺の事はどう考えていたのか

プラハトさんに聞いてみたくなったりします。アンサンブルを考えて

いなかったという事はないと思うのですが。う~ん。

 この間アルトライアーを買ったばかりの私ですが 実はもう1台

欲しいライアーがあります。それは あの雫型のマリーのライアー

です。実際に演奏を聴いた事もありますが ソプラノの音域でも

無理のない自然な そしてたっぷりとした響きでした。

 でももうしばらく無理です~(。>_<。)ペロルさんのサイトで値段を

見てびっくり!でもいつかはきっと!

|

« フォーレのレクイエム | トップページ | 3月12日ライアーミニコンサートinららぽーと横浜 »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/11078234

この記事へのトラックバック一覧です: ソプラノとアルトライアー:

« フォーレのレクイエム | トップページ | 3月12日ライアーミニコンサートinららぽーと横浜 »