« 食べること | トップページ | お気に入りのCD »

シュタイナー学校の子どもたち

 シュタイナー学校の 子どものオイリュトミーのピアノ伴奏にピンチ

ヒッターとして行って来ました。

 ピアノの前に座っていると ライアーの音とともに子どもが1列に

並んで部屋に入って来ました。最初は3年生です。色々な色の短い

衣装を着て まずは詩に合わせて身体を動かします。大人のクラス

で同じ詩で動きましたが 子どもの方がエネルギーに溢れている

ように思えました。仕方ないか・・・・

 曲も大人クラスと同じモーツアルトの「Deutscher Tanz」という

曲。子どもがどういう風に動いているか見たかったけど 背を

向けてピアノを弾いていたので見られませんでした。残念。

 でも学校の授業でこんな時間があったらいいなあ、とつくづく

思いました。私なんか学生時代常に授業中はぼーっとしていま

した。見かけは授業を聞いているように見えたかもしれませんが。

 身体を動かせる体育もドッジボールやバスケットボールなど

苦手な者には辛いものばかりです(。>_<。)シュタイナー学校にも

体育はあるのかしら??よくわからないのですが オイリュトミーなら

子どもの頃やれたら楽しかっただろうなあと思ってしまいます。 

自分がこういう学校に入りたかったです。

 子どもたちもすごく人懐こくて 全く初めての私の所に終わった

後集まって いろいろ質問したり話したりしてくれました。

ん?5.6年生ってあんなに素直だっけ?娘がその頃は少し

反抗的だったし 周りの子たちを見ても少しクールだったりした

気がするけど。この子たちはどんな大人になるのかなあ?

大人になった姿を見てみたいな、と思いました(*^_^*)

 伴奏の方は事前に聞いていた曲だけでなく 初見やら

即興やらで結構大変でした(^^;)でもこういうのも慣れたら

楽しいかもしれません。

 いつかまたみんなに会えるかな?

|

« 食べること | トップページ | お気に入りのCD »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/21419909

この記事へのトラックバック一覧です: シュタイナー学校の子どもたち:

« 食べること | トップページ | お気に入りのCD »