« 合同練習 | トップページ | 河上知明・美津子二人展 »

三昧琴 その後

 7月の七夕コンサートで初めて 三昧琴を演奏しましたが

今月のコンサートでもライアーと合わせて使うことになりました。

三昧琴については以前の記事に詳しく書きましたが 石川県の

鍛冶師 河上知明さんが創られた楽器です。手元に来てから

2年間ほどは 演奏する機会もありませんでしたが 1度ライアー

とコラボしてからお話が続きます。そういえば河上さんが

「三昧琴はどんどん鳴らして下さい。響きがどんどん拡がります」

というようなことを言われていましたが それは周りへ伝わって

行くという意味もあったのかもしれません。

 そうしたら2,3日前に河上さんから「10月の9~13日に鎌倉

の円覚寺で2人展を行います」とお手紙が来ました。河上さんが

作る燭台に蒔絵師の奥様が絵を付けた作品が展示されるよう

です。そして あのお家が大好きでめったにお出かけしないと

言われていた河上さんが鎌倉へいらっしゃるそうですsign01

なんだかタイミングもすごいですwobbly是非伺って久しぶりにお会い

したいと思っています。

 実は最近三昧琴のお話が続いていて 今月コンサートでは

ないのですが 龍笛(どんなのでしょう?わかりません)笙、歌、

踊り?とライアーと三昧琴を合わせることにもなっているのです。

どうなるのか全く想像もつきませんwobblyこんなに続くというのは

河上さんのいうように1度響かせたことで拡がっていったので

しょうか・・・・

 この頃は色々なことがあるのですが ブログに書こうと思って

いるうちに どんどん進んでいってしまいます。展開が速くなって

います。頑張って書いていきたいですnote

|

« 合同練習 | トップページ | 河上知明・美津子二人展 »

三昧琴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/24201492

この記事へのトラックバック一覧です: 三昧琴 その後:

« 合同練習 | トップページ | 河上知明・美津子二人展 »