« 途中経過 | トップページ | 1970年代のゲルトナー »

「和」とライアーの即興

 昨日珍しい体験をしました。「和」との即興です。

歌と龍笛、三昧琴 ライアー 鈴で合わせました。人数は6人です。

普段はライアーで普通に曲を弾いている私ですが 実は即興に

とても興味があって機会があったらやってみたいと思っていました。

私以外の方はずっと前からの知り合いのようだし 即興も慣れて

いそうだったので ちょっと躊躇しましたが こんな機会はめったに

ないと思ってライアーと三昧琴を持って押しかけてしまいました。

最初 どうするのかな、と思っていたらいつの間にか誰かが鈴を

鳴らしています。そして自然と歌を歌い始める方がいて(ア、ア、ア

でメロディーはあるようなないような)それから龍笛が日本的な

雰囲気で入ります。三昧琴は誰でも出来るので自由に誰でも叩い

て 私も最初は様子を見ながら三昧琴を叩いていました。そして

途中からはライアーで日本的な響きに合わせてミ、シ辺りを入れて

いきました。その後は盛り上がって来たな、と思ったらグリッサンド

などをいれ 変わった雰囲気になって来たな、と思ったら 左手で

半音上げたりして とにかくお互いの様子をキャッチしながら 演奏

していきます。途中 机をトントン叩いたり ペットボトルの回りの

薄いプラスチックを裂いたもの(いつの間にか用意してあったwobbly

をカサカサさせたり 皆さん 工夫がすごいのです。最後は自然と

収束に向かいました。

 こういう感じなんだ、ととてもつかめました。皆さんが慣れていた

ので 私も何とか入っていけたみたいです。

とても気持ちよかったです。10~15分くらいやっていたでしょうか。

2回演奏しました。龍笛の方に「いやあ、ライアー合いますね~」と

言われました。聞くと龍笛は430Hzなのだそうです。どうりで

違和感がなかったです。「またこのメンバーでやりたいね」という声

が出て 私もまたやりたいです~。ライアーでこんな楽しみ方も

出来るって新鮮な驚きでしたsign01

 今日はあさっての地域の音楽祭のための生徒さんを交えた

合同練習をしました。70台のご夫妻が「みんなで弾くってこんなに

気持ちいいんですねえ」と言って下さいました。

 あさって 頑張りましょうhappy01

|

« 途中経過 | トップページ | 1970年代のゲルトナー »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

りらさん、どんどん進化されていきますね。ライアーと和は、ほんと合うと思います。即興もすごいです。音楽でつながれるのっていいですね。

投稿: ソリトン | 2008年10月17日 (金) 23時29分

ライアーはいろいろなものと合いますね。
可能性を秘めています。
それにライアーを弾いていると いろいろな繋がりが出来て
それがひろがって行くみたいです。

投稿: りら | 2008年10月18日 (土) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/24557293

この記事へのトラックバック一覧です: 「和」とライアーの即興:

« 途中経過 | トップページ | 1970年代のゲルトナー »