« 春が足踏み | トップページ | 三千年の響き »

ご縁

 昨年の春から始めた合唱ですが 7月の発表に向けて

頑張って練習しています。それが ここでも面白いご縁

がありました。

 指揮の先生は某音楽大学で現在作曲を教えている

方ですが 今回のコンサートで先生作曲の「夢三章」と

いう歌も歌います。古今和歌集の和歌に曲をつけたの

ですが 恋歌でとても色っぽく響きがなんともいえず

綺麗です。桃色や紫が見えてきそうな感じで・・・

 実は私たちのグループでよくライアーの曲を作ったり

アレンジしてくれる人が その某音大の出身で 在学中

その先生を知っていたというご縁で(勝手にご縁と思って

先生に「作ったりアレンジしたりした曲にちょっと

アドバイスしていただけないでしょうか?」と駄目元で

聞いてみたら 快諾して下さったのです

 私はもうずーっと昔の学生時代にやった(かどうかも

・・・?)作曲法だのは全く覚えていないので いつも

耳や感覚だけを頼りにアレンジなどしていましたが

プロの先生のアドバイスを頂けたら本当に嬉しいです。

今更難しい理論は無理だと思いますが

 先生も「ライアーってハープの小さいのみたいなんだ

よね。どんな音がするんだろう」と興味を持って下さって

いるようでした。

 それにしても 学生時代は勉強や試験は義務的に

こなすだけで あまりやる気のなかった私が今ごろに

なって 自ら進んで先生にお願いして学ぼうとするなんて 

驚いています。本当に天使がいて後ろから背中を

押してくれているみたいな感じです

 合唱を始めたことがこんなご縁へと繋がった事も

面白いです。

|

« 春が足踏み | トップページ | 三千年の響き »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご縁:

« 春が足踏み | トップページ | 三千年の響き »