« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ライアーワークショップ

 今度の日曜日にライアーのワークショップを開くのでした。

お知らせです。

notenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenotenote

日時      10月4日(日) 10:00~

                   11:10~

          11:10の部は定員に達しました。

場所      横浜市男女共同参画センター

         (JR、市営地下鉄戸塚駅徒歩5分)

料金      ライアーレンタル代として500円

 ライアーという楽器を紹介する催しです。リラ・コスモスで

ライアーを教えているMさんと私の生徒さんのライアー

アンサンブル「くるみの木」の方たち10名ほどで 何曲か

演奏します。リラ・コスモスも演奏しますnotes・・・・・・何弾くか

決まっていないのでは?何弾くんですか~?Mさん。

 演奏後 参加者の方お1人づつライアーを持って体験

していただきます。

 くるみの木の皆さんも合同練習して臨みますよnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初ソロコンサート!

 今年の年明け 友人がよく行くカフェで小さなコンサート

たまにやっていて お店の人にライアーの話をしたら

興味持ってくれたのでやってみない?と持ちかけてくれ

ました。

 場所は私の実家の近くで やるとしたらソロコンサート

なるけど とにかく来たものはやってみようという事でお願

いすることにしました。日程は調整して9月20日に決定。

 時間は 30分演奏~ティータイム~30分演奏でちょっと

初ソロにしては大変かなあと思いながらも 構成を考えて

準備しました。

Pict001774_3

Little Smileさんはパンカフェで ペンションのような1軒家です。

 当日はだいぶ早くついてしまったので お店の写真を

たくさん撮らせていただきました。

Pict000475     Pict0007

天井が高いです。小さな舞台もあって そこは天井が低くなっているので

よく響きました。

 今回は横浜の方は遠すぎて声を掛けられないので

2週間くらい前にあった同窓会で会った友人達に声を

掛けたくらいで どれくらい来て下さるのかなあとぼん

やり考えていました。最初に紹介してくれた友達は

インド旅行がぶつかってしまって来られなくなってしまっ

て ちょっと心細かったのです。リラ・コスモスのメンバー

いないしthink

Pict001277  Pict000378

15人くらいでいっぱいのお店です。気持ちのいい気候だったので

窓やドアは開け放しておきました。天然酵母のパンがいっぱい!

 

 開始時間の14時近くになったら この静かな場所に

人がたくさん集まって来て下さいました。友人が自分が

来られなくなってしまったから 本当にたくさんの人に

声を掛けてくれたみたいです!座りきれないくらいでし

た。高校時代の友人達も・・・どうもありがとう!

Pict0016_3

こーんなのどかな風景の中にライアーの音が流れました・・・・・

 演奏の方はというと・・・ちょっと緊張してしまって うーん

45点くらいですか・・・・downこの頃はコンサートで緊張する

事はなかったのに メンバーに頼っていたんだなと、

再認識。でも 気持ちはよかったんです。途中 音遊びや

娘に1曲歌ってもらったりしました。ふるさとを違う歌詞で

歌っている方がいて それを紹介したかったのです。

「青く光るまな星・・・・・・・・」というすごく素敵な歌詞なん

です。全然練習しなくて 歌詞も前日に覚えたくらいなの

に これが結構良かったみたいです。私の方が全然練習

したのにsweat02(新型インフル 大丈夫でしたでしょうか・・・

移ってしまった方がいらしたら 本当にすみません)

 来て下さった中には友人からよく話を聞いていて 初め

て会ったとは思えない方たちやすごく懐かしい友達も来て

くれました。コンサートが終わると必ず暖かい気持ちに

なれます。今までは出来がよくないと そのことばかりに

頭が行ってしまいましたが 今回はそれでも気持ちよく

出来たので 良かったかな?でも次には もっとしっかり

弾きたいです。

 素敵なお店でコンサートをさせてくださったTさん、(ティ

ータイムのケーキ 美味しかったですcake

たくさんの方に声を掛けてくれた友達、聴きに来て下さっ

た皆さま、本当にありがとうございました。また機会が

ありましたら お目にかかりたい思います。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと戻りました

 すみません、ずっと更新出来なくてsweat01

実はコンサートのため 実家に帰っていて21日には戻る

予定でしたが なんと娘が21日の朝 少し熱っぽいと言っ

いたら いきなりグーンと39度まであがり・・・・

 新型インフルでしたsweat02

前日まで全然元気でしたし 周りでも感染した人はいなか

ったので考えもせず コンサートにも連れていってしまいま

した。来て下さった方に移らなければいいのですが・・・・・

 21日に休日診療所でタミフルを処方され夜飲んだら

22日朝には平熱でした。娘以外は祖父母も私も今の

ところ大丈夫です。私は普段体調がどうのこうのと言って

ますが インフルエンザとかはかからないのです。

 でもお医者様の話だと今回 陽性の90%が29歳以下

の人だそうです。

 熱が下がってから2日間は外出してはいけないので

今日横浜に戻りました。ブログのことも気になっていて

携帯から投稿にトライしてみようかと思ったのですが

失敗して収集つかなくなっても・・・と思ってしまってweep

 もしかしたらご心配していただいた方もいらっしゃるか

もしれません。どうもすみませんでした。

 初ソロコンサートはちょっと緊張しましたが 楽しかった

です。こちらも後ほど書いてみたいと思っています。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

渡邊満喜子先生

 ヒーリングボイスの渡邊先生。昨年何度か講座に出席

させて頂きました。9月9日に亡くなられたそうです。

 2日後くらいに知人からFAXが来て知りました。

 昨年 ボイトレのつもりで講座を受けたらお話と即興と

いう内容で 思っていたものとは違ったのですが 何だか

面白かったので 何回か通いました。

 先生はとても繊細な声と小柄なお身体からは考えられ

ないパワーのある声と両方お持ちで お話のお声は

とても小さくてつぶやくように話される方でした。最後に

1人づつ即興で歌って 声の波動から1人づつにアドバ

イスを下さるという不思議な時間もありました。その時 

少し迷いがあった私は そのアドバイスを伺って「どうして

こんなに私の事がわかっているんだろう」と思いました。

そして 1年後その通りに道を歩んで来たように思い

ます。

 今年に入ってからは忙しくて 全く講座に出られなかった

ので そろそろ行きたいな、と思っていたところでした。

 出席したクラスは少人数で皆さん仲が良く 講座が

終わった後 先生とお茶をするというのが恒例のようで

した。初めての私にも「一緒に行かない?」と気さくに

声をかけて下さいました。渡邊先生も三昧琴と一緒に

舞台をされることがあるので 私が小松まで三昧琴を

買いに行った話をしたら「あなたも変わった人なのね」と

笑われていました。

短かったけれど ご縁を感じていました。とても優しくて

お綺麗な方でした。お忙しそうだったので どうぞゆっくり

お休みになっていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーコンサート~inグリーンスポット~

 9月のグリーンスポットコンサートのお知らせです。

appleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleappleapple

日時   9月17日(木)12:00~12:30

場所   JR桜木町駅 みなとみらい線みなとみらい駅

      クロスパティオ内グリーンスポット 

演奏   リラ・コスモス

曲目   今回はオカロランなどアイルランド系の曲中心に

      弾きます。

 note    無料です。

 グリーンスポットでは定期的に演奏していますが いつも

その時に意味のある方が聴きに来て下さるようです。

 今回も出会いを楽しみにしてますnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーとの出会い<3>

 ライアーという楽器も知らなかったのですから 申し訳な

かったのですが 池末先生の事も存じ上げませんでした。

先生が九州からみえてると聞いても「???」でした。

 楽器はコロイのソプラノを貸していただきました。体験

したクラスは初心者のクラスではありませんでしたので 

持ち方と簡単に音の出し方だけ教えていただいたらすぐ

「ちょっとみんなと弾いてみましょう」と言われて 「え?

ドっどこ?ソってどこ?」という感じで とにかく必死で

やる事なってしまいましたsweat01 初心者のクラスだったら 

ゆっくりと音の出し方をやったのだと思います。だから 

音を味わう余裕もなく むしろ聴こえるのは自分のビン

ビンした音だけで すごく感動したとかいう事もなかった

のですが 終わった時 どうしてかわからないけど「来月

からお願いします。楽器も譲って下さい」と言って 譲ろう

としていた人から譲って頂き その日のうちに持ち帰らせ

て頂きました。(自分でも「やるの?」って思ったものです)

 そのコロイソプラノを譲ってくれた人が今 リラ・コスモス

で一緒に弾いている人です。

 翌月 レッスンに行くとまた新しい見学の方がいて 

その人も入ることになりました。その人もリラ・コスモスの

メンバーの1人です。2人はすでに弾いていたので 初め

ての私のために レッスン以外に自主連をしてくれる事に

なり ここからどんどん出会いがあり 私のライアーの道が

始まったのでした。

 始めのころは考えられないくらい よく弾いていました

今以上に弾いていました。多分 ピアノで満たされなかっ

た部分を補うためと 自分自身を癒す必要があったのか

な、と思います。

 ライアーとの出会いはこんな風で 音に感動を受けた

とかロマンティックなものではなかったのです。「どんな

出会いだったのですか?」と聞かれると なんて言ったら

いいかわからないような変わったものなのです。考えて

みれば 元の元はカルチャー講座のパンフレットの

「ライアー」という文字に惹きつけられたのです。こんな

他にいないでしょうね。その文字だけで 見たこともない

楽器を追いかけたのですから(途中軽く記憶喪失になり

ましたthink

 途中での遠回りも 出会う人と出会うためのものだった

のだろうな、と思っています。多分 全て宇宙の計らい

なのでしょう。全ての出会いに感謝したいと思います。

 これが 2002年から2003年の出来事です。

 「ライアーとの出会い」を自分でも1度整理してみたかっ

たので 書けてよかったです。お付き合いくださいまして

ありがとうございました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライアーとの出会い<2>

 やっと 「ライアー」という楽器を体験できる所を見つけた

私は安心して夏休みの時期に入っていきました。夏休み

毎年とても忙しいし 生活のリズムも変わります。

ばたばたと夏を過ごして ようやく9月になりました。

そして スケジュール帳を見ると 「ライアー体験」と

書いてある日があります。(自分で書いたのだから当たり

前です)それを見て私は「ライアー?あー、そんな事も

あったっけ」と思うのですsweat01

 あの時の気持ちは今でも理解できませんが 夏前の事

すごく遠いことのようで フィルターがかかったように

ぼんやりとしか感じられなくなっていました。あんなに見て

弾いてみたいと思っていたのに。しかも 予約をした日に

別の用事が入ってしまったからという事でキャンセルして

しまいました。すみませんでしたsweat01本当にsign01

 そしてそのままライアーの事は記憶の彼方に飛んで

しまい 日常へと戻って行きました。

 そのまま数ヶ月・・・・

 その年も押し迫った12月のある日。ランチに誘われた

私は約束した場所に行くと 友人の1人がおもむろに

包みを解き始め それを見ていた私の目に楽器が

飛び込んで来ました。

ライアーでした。

小さくて 今思えばキンダーハープですね。その時 

やっと あの夏前に持った熱い想いが蘇って来て 

何だか記憶喪失から戻ったようでしたcoldsweats01

 「この楽器を作る講座があって今日出来上がったの」

という友人に思わず「この楽器はやってみたいと思って

いた楽器なの」というと 「そうなの?楽器を譲りたいって

言ってる人がいるから紹介するよ。それからこの近くで

レッスンやってる所もあるらしいよ」と言って あっと言う

間にお膳立てを整えてくれて 年が明けて体験レッスンに

行く事になりました。そして レッスンの場にいらしたのが

池末先生だったのです。

 続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライアーとの出会い<1>

・・・・を書いてみようかと思います。長くなりそうなので

なかなか書けずにいました。

 子どもの頃からピアノをずっと弾いて来て そのまま

ピアノの先生になって 越してもまた近所の子どもが生徒

さんになってくれて、このままずっと続いていくんだろうな

と思っていました。教えるのは好きだったし 何の不満も

なかったのです。好きなことを続けていけて幸せだなとも

思ってました。

 だけどある頃から何か違和感を感じるようになって 

それが何か最初は本当にわからなかったのです。

気づきたくなくて しばらくは気づかないようにしていた

かもしれません。でも 完全に見えてしまいました。

自分が全然ピアノを弾こうとしない事が。昔は発表会や

試験レッスンなどいつでも弾かなくてはいけない状況

でした。子どもが小さい時は時間がなくて弾けなかった

けど 子どもが大きくなって来て時間も出来て 試験も

レッスンも何もなくなったのは初めてで その時初めて

自分がそれほどピアノが好きではなかったことに気づい

たのです。結構ガーンと来ました。本当に好きだと思って

いたのですから。

 それから2年くらいは悶々としていました。別にそんなに

弾かなくても先生は続けていけるし 考えすぎなくても・・

という自分もいました。でも 私はどうしても本当にやりた

い事が見つけたかったのです。 これをやるために地球

に来た(大げさですかね)といえるような事が。 

 それから何かないか探したり いろいろやってみたりも

しましたが 元来不器用なのでまたまたガーン!と来て 

途方に暮れてしまったのでした。

 そんな時 カルチャーセンターのパンフレットを見て

いたら「ライアー講座」というのがあり 写真も載っていな

くて 確か数行の簡単な文章が書いてあっただけで 

「ライアー」という楽器も全く知らなかったけど 何故か

惹き付けられたのでした。

 講座はもう定員に達していて行けず それからネット

でいろいろ調べました。そんなにある楽器ではなく 

どこへ行けば見て音を聴くことが出来るのか なかなか

わかりませんでしたが やっと都内某所でライアーを

実際に体験できるという場所を見つけました。

すぐに電話して体験を希望すると 「今先生は外国へ

行かれているので 9月なら予約できます」ということで

したが 3ヶ月近く先になるけど予約をして 何故か

「ライアー教則本」も買い 体験できる日を楽しみに

待つことにしたのでした。

 続きます・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »