« 2012年の始まりは | トップページ | 2月のコンサートのお知らせ »

2台のゲルトナー

 ゲルトナーが2台来てるんだけど試奏してみない?と

お誘いがあって 行ってきましたnotes

 遠くからやって来ている楽器です。

 ゲルトナー購入を考えているお2人の方に混ざって弾かせて

いただきました。

 

 1台は新品。いい感じの飴色です。そしてもう1台は中古で

1975年物。この時代のものに多い光沢のあるこげ茶です。

 

 音は・・・面白いほど違いますね~。新品のものはまっさらで

まだ誰の手にもかかっていない感じ。これから誰かのところで

一緒に音を作っていくんだろうな、って。

 そして中古はもうこれがゲルトナー!っていう音なんです。

この年代だと初代ゲルトナーの時代でしょうか。深みがあって 

派手すぎないけど存在感のある音。

 中古ゲルトナーの方は表と裏の弦のはり方が少し近い(浅い)

かな。私の楽器とかなり違う感覚です。新品ゲルトナーは

初心者の方には弾きやすそうでした。

 

 購入候補者?の方はかなり迷っていらっしゃいました。

そうですよね。でも とても楽しそうでしたよ。

 楽器とは出会いですから ピンと来るかどうか、ですよねwink

 

 中古ゲルトナーは誕生してから数十年、どんな道を歩んで

きたのでしょう。ドイツから日本へやってきて その間にも

いろいろな事があったでしょうね。今こうして何人かに弾かれて 

そしてこれからどこへ行くのかな?

 何か伝えたいことがありそうな、そんな感じがしましたconfident

 

 前にも書きましたが 家にあるゲルトナー、コロイ、ヨエックス

タオ それぞれ本当に個性があるんです。音色は4つとも全然

違うけど みんな天上とつながる音。

 この天上とつながる音色を持つ楽器こそがライアーだと

思います。

|

« 2012年の始まりは | トップページ | 2月のコンサートのお知らせ »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよ。
私の弾いてるのも(1980年製)、表と裏の高低差が少なくて、半音弦があまり押し込めないです。
面白いですね。弾きくらべるとわかるんですね、音色の違いが。

投稿: ソリトン | 2012年1月17日 (火) 22時57分

こんにちは。

私のは2004年ですけど そんなに高低差はないんです。
でもコロイからゲルトナーへ変わった時はすごく浅く感じました。

人によってゲルトナーが弾きやすいとかコロイが
弾きやすいとかあるみたいですね。
私は・・・しばらく弾いているものが弾きやすく
なっちゃいます。
指が慣れてしまうんでしょうね。

投稿: りら | 2012年1月18日 (水) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/43760319

この記事へのトラックバック一覧です: 2台のゲルトナー:

« 2012年の始まりは | トップページ | 2月のコンサートのお知らせ »