« 美しい日本の曲 | トップページ | ジブリの夏 »

夏の夜の響き

 夏の空がきれいです。

今日の夕焼けは放射線状でした。

 こんな感じ。

100

どうしてこんな風になるのかな?

101

そして水彩画のような。

明かりがちらほら・・・この後濃紺へ入っていきます。

 

 最近は真夜中に色々弾いてます。

 以前にはとても弾けそうもなーいsign01と思っていた

のが弾けるようになってるwobbly

 

 キュンストラーというライアーのための曲を

作っている人の曲が気持ちよくて・・・

 題名をドイツ語で調べてみたら「クリスマス」。

そういわれればそんな感じ。

 それから「夜想曲」。夜の中に静かに溶け込ん

でいきます。いつまでもくりかえしくりかえし・・・

 キュンストラーのライアーのための曲は空間に

柔らかに漂います。重なる音の響きが絶妙。

 別次元にいける音楽なのです。

 意外と曲はたくさんあるのですが、この中で

どれだけの曲が実際に弾かれたのでしょう。

 この響きを奏でられるのはライアーだけなの

です。

 たくさんの人にこの美しい音楽を聴いて頂ける

といいな~shine

 

 今夜は少し太ってきた月がかすんで朧月のよう。

西の空へ沈んでいくのが見えましたmoon2

 

 

|

« 美しい日本の曲 | トップページ | ジブリの夏 »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/46486648

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の夜の響き:

« 美しい日本の曲 | トップページ | ジブリの夏 »