« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

いつ弾いてるの?

 ライアーの演奏を聴いていただいた後によく言われる言葉です。

        

           「いつ弾いてるんですか?」

 

 これは「はい、夜が多いです」と答えるところではなくてconfident、ご質問者は

「見ていると弦をなでているだけにしか見えなくて、どの瞬間に音を鳴らしているのか

わからない」という意味で質問されてるのです。

 

 確かにライアーは指が弦を滑らせるようにして弾くことで滑らかな音になります。

私は最初にそう教わりそれを実感しながら今まで弾いて来たので、そう言って頂ける

のならちょっと安心します。

 

 実際に楽器を触っていただくと、「弦がこんなに硬いとは思わなかった。金属だった

んですか」と、びっくりする方も多いです。

 

 この前、北海道では「3人で弾いてるのを見ていると、今は誰が弾いたの?どこから

音が聞こえたんだろう?って不思議で、まるでマジックを見ているようでした」との

感想もあったんですよwink 

 コンサートの時はやはり手の動きも是非見ていただきたいな、と思っています。

 

 でも、そういわれても自分では実際に見ることはできないので、どんな感じなのか

気になって、家で録画して見てみたんです。そうしたら・・・なるほどね~って思いまし

た。確かに音が出てる瞬間はわかりづらいですねsmile  

 

 HPのYOUTUBEのところに演奏の動画を貼りたいと思っていますので、そうしたら

手の動きをご覧ください。もう少し先になるかもしれませんけれど。

 

 もう10月も終わり。今年も後2か月です。

ライアーのクリスマスシーズンが始まりますxmasnotesbell

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年の厚み

 今までコンサートや小さな場所で弾かせて頂いた時に、何の曲を弾いたか記録して

いるノートがあります。今日記録し終えて、ふと一番最初のページに目がいったら・・・・

「2003年11月」とありました。今年は2013年だから、10年前~!wobbly

一番最初に人に聴いていただいたのは今から10年前だったのです。

 

 その記念すべき一番最初は、ピアノの発表会でした。当時まだ私はピアノの先生を

していたんです。その発表会の時に生徒さんやご家族の方たちに聴いていただいたの

でした。一緒に弾いたのはリラ・コスモスの2人ともう1人の人と私の4人。リラ・コスモス

を結成したのは2009年ですが、この頃から一緒に弾いていたんです。

 曲は「星に願いを」「野ばら」「エレノア・プランケット」「いつも何度でも」

 

 私がライアーに出会ったのは2003年の1月14日。初めて出会ったその日に譲って

いただけるライアーを家に持ち帰ったのです。それから10か月でもう人に聴いて

いただいていたんですねcoldsweats01 

 

 この発表会に向けてすごーく練習したのを覚えています。「いつも何度でも」が

弾けなくて。

 まあ、無謀ですねhappy01 伴奏を今弾いているのと同じように楽譜通りに弾こうとしたん

ですから。少し音を抜いて簡単にするとか1小節の頭の音だけ弾くとかすればよかっ

たのに。でも、オリジナルのまま弾きたかったんです。本当にものすごい弾いて、

あの年の秋は毎日4、5時間弾いてましたwobbly でも本番では全然弾けなかったんです

よ。でもあの特訓のおかげか、今「いつも何度でも」はわりと楽に弾ける曲となり

ました。

 

 このノートも後何ページかしたら終わります。忙しい時はパパッと曲名だけ

書いてあるだけですが、見るとその時の事がはっきり思い出されてconfident

 思い出のいっぱい詰まったノートです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YOUTUBE「ハナミズキ」「風の谷のナウシカ」

 YOUTUBEにCD「癒しの竪琴~ライアーが奏でるやすらぎのメロディー」から

「ハナミズキ」「風の谷のナウシカ」をupしました。

 こちらから↓

 ハナミズキ

          

  風の谷のナウシカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつか響く日のために

 10年の一度の台が来ています。横浜は風雨が強まって来ました。

これから明日の朝にかけて通過するようですtyphoontyphoon

 

 板倉知恵さんの作品展が10月12日~21日まで横浜のギャラリー「山手」で

行われています。板倉さんは作品の中にライアーを描かれています。絵の中に

ライアーが幻想的に描かれていてとても素敵な作品ですshineshine動物や子ども、

鳥や魚など可愛らしいものたちと一緒にライアーが描かれていたりします。

 ライアーが好きな方が見たらきっと嬉しくなると思いますhappy01

 

 それから小さいライアー(キンダーハープ)の制作も数台されています。

229

 下に置いてあるのが板倉さん制作の12弦ライアーです。

それから上にはシルクの布をかぶせて影だけ見せているのも。切り絵とのバランスも

いいですよねwink

 

 板倉さんと同じ制作講座に参加した友人によると、最初から際立っていて、

参加者みんな「ただ者ではない・・・」と感じていたそうで、後で聞いたらやはり

アーティストだったという事でした。版画をされているんです。

  

 私は今年1月頃に板倉さんに7弦ライアーの制作をお願いしていました。

今回、制作途中の私のライアーが飾られていましたheart01

 「翼」のイメージでお願いしたんです。

226

 これです。翼を表現する彫りがあります。とっても綺麗に彫られてますheart04

227

そしてタイトルがついていて・・・

                「いつか響く日のために」

 

 もう感動していしまいました。完成が楽しみで仕方ありませんhappy01

 

 この日はヒーリングライアーの友人とそれぞれ少しだけ弾かせていただきました。

225

 作品はとても優しく、色使いも柔らかくて素敵なのばかりです。

白木ゆりさんとの2人展です。21日までやっていますのでお時間のある方は

是非いらしてください。ライアーも飾ってあります。

 

 Art Gallery 山手 横浜市中区山手町100サンセット山手1F 0456280267

                         みなとみらい線 元町中華街駅5,6番出口徒歩3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作品展オープニングパーティー

 秋というのに暑い日が続きますが、それでも金木犀の香りがしたり、銀杏が少し

色づいて来たり、そして夜空の星がきらめきを増したりshine季節は進んでいるようです。

 

 12日に横浜のギャラリーで作品展をされる方のオープニングパーティーで

ソロを弾かせていただきます。ソロは経験を積んでいきたいところなので、弾かせて

いただけてありがたいです。今回3曲弾きますが、1曲新しい曲を入れてみます。

 楽器は迷いましたが、ヨエックスアルトにする予定ですnote ソロに映えるので慣れて

いきたいと思っています。だいぶ重さも気にならなくなって来ました。

 

 最初、ご案内のハガキにライアーミニコンサートの事も載せてどなたでも聴いて

いただこうと予定されていたようですが、「人がたくさん来すぎて入れなくなっても......」

とご心配があって、お知り合いの方のみの入場となりました。

 写真が撮れたら載せたいと思っていますwink  なかなか余裕がなくて撮れないことも

あるのですが。

 この秋はいろいろコンサートがありますので、よろしかったらいらしてくださいnotes

 

    2013年のライアーコンサートのお知らせ   

  

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM戸塚

 10月8日にFM戸塚で「癒しの竪琴」の曲が流されて紹介されたそうです。

再放送日は10月12日24時からです。 FM戸塚83.7MHz

    こちらにも紹介しています。

 私も8日に聞かなかったので12日に聞かなくてはsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOUTUBE Fanny Power

 久しぶりにYOUTUBEにupしました。

オカロランの「Fanny Power」です。CD「月夜琴」に収録されています。

ゆったり系が多いライアーの曲の中では明るく軽やかな曲です。

 楽器はゲルトナーソプラノ2台とゲルトナーアルト1台の3台です。

Fanny Power 

  この曲はリクエストがあったため、今回YOUTUBEにのせましたwink

この後、CD「癒しの竪琴~ライアーが奏でるやすらぎのメロディー」からも

何曲かUPする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌コンサートご報告<2>

 カフェでうっとりした私たちをこの後、またうっとりさせる時間が待っていました。

ライアー・ゼーレさんにお邪魔してたくさんのライアーを見せて弾かせていただいたの

です!「そんなにないですよ」とおっしゃるのに、次から次へとゲルトナーが・・・・notenotenote

224

 一番右の四角いゲルトナーは1946年製。クリスタルライアーです。

これ↓

218

 出てきたの全部弾いてみました。時が経つのを忘れましたheart04

これから遠くの方へお嫁に行くのもあるそうですよwink

 

 ゲルトナーは一番最初にライアーを創ったシュタイナーのお弟子さんの工房の

楽器。深みのある音色は大御所の風格です。それでいてグリッサンドはほとばしる

ように細かい音の粒子が空間に拡がっていくよう・・・・やっぱりすごいな!と感じます。

 ライアーって木に弦が張ってある、という構造はどこも同じ風なのに、工房に

よって本当に音が違う。それぞれの味がある、というのは不思議だなあと思います。

 穴の中に書いてある番号はその楽器がゲルトナー工房で何番目に作られたものか

現しているんですって。自分のを確認してみたら№17014。でしたhappy01

 

 こうしてうっとりの2日目が終わり・・・3日目はワークショップnotes

 1日目と2日目のコンサートに来てくださった方が参加してくださいました。

ここに昨日のゲルトナーたちが並びます。グリッサンドや音を廻して、皆さんで

楽しみました。またお会いできるといいですねwink

 

 ワークショップは写真を撮る余裕がなかったので、その後行ったカフェの写真を。

ここも素敵だったんです。「あじと」というお店です。

220_3

入口にいろいろなかぼちゃが。色が綺麗!

221_2

大好きなミルクプリン。上に雑穀が乗ってました。

 

 それから最後にもう1枚。

223

 何だかわかりますか?

「あけび」です。山の中でもなくゼーレさんのお家の庭にあった木に実がいっぱい

なってたんです。自然が生活の中に溶け込んでる印象でした。

 

 とっても楽しくてあっという間の3日間でした。

ライアーも北海道の自然の中で生き生きと元気だったようなshinenotes

 家から羽田がバスで意外とすぐなので飛行機の旅も楽でした。遠出も大丈夫です

ので、リラ・コスモスとライアーを弾いてみたい、コンサートが聴きたいと

いう方々がいらっしゃいましたら、お気軽に連絡してみてくださいねnote

ライアーについてのお問い合わせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌コンサートご報告<1>

 札幌、行って来ました。

思ったほど寒くなくて、こちらの服装と変わらないくらい。お天気がよかったから

だったのでしょうsun

 

 1日目 まずは琴似中央教会へ直行!

札幌ライアーの会の皆さんとは私は初めてお会いしました。

最初に札幌ライアーの会の演奏。埴生の宿、グリーンスリーブス、シャボン玉など

ゆったりとした心地よさが広がっていきます。

205

札幌琴似中央教会

 

 次はリラ・コスモスの演奏。今回は前半によく知られている曲。後半に教会に

合う讃美歌やアメイジング・グレイス、G線上のアリアなど。

 響きがとても多くなる場所でした。今までのどことも違う感じ・・・

 

 最後に合同で「カノン・ミット・オスティナート」「エレノア・プランケット」「グロリア」を。

8人で奏でる響きがとてもよかったと好評でした。特に「グロリア」がよかったなconfident

「グロリア」弾きに各地を廻りたいくらいです。アンコールに「ゲーリッシュ」。

「ゲーリッシュ」はゲール地方の子守歌で、ライアーではわりと定番曲です。

私もよく弾きますけど伴奏のアルペジオが素敵で、雰囲気のある曲です。

 

 3人で泊まったホテルの温泉で疲れを癒し、夕飯食べながら色々話しました。

いつも話といえば打ち合わせ的な事ばかりになってしまうけど、今回はゆっくり

できたのでwink でもやっぱりライアーの話ばかりでしたけどね。

 

 そして2日目はカフェでコンサートnote

真駒内の隠れ家カフェ「ウーナ カーサ サーナ」さんは本当に素敵なカフェでした。

207

 上のステンドグラスはビクトリア王朝時代のものなんだそうですwobbly

208

アップにしました

 カフェの中も素敵だけどお庭がまたよかったのです!

広い敷地でナチュラルガーデンを作っていらっしゃって。写真撮影会になってしまい

ましたcamera

206_2

 209

 イケメン君とゲルトナーちゃん

210_2

私もブランコで....

 

 私は土地勘もなく車で連れて行っていただいたのですが、隠れ家だけあって

北海道でもとても行くのが難しい場所だそうです。ゆったりと出来て贅沢な時間を

過ごせたと言っていただけましたheart04

211_2 

212

ケーキもおいしかった!

213_3

こんなことして遊んじゃいましたsmile

                               

                                    続きます・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »