« 今秋のコンサート | トップページ | 楽譜の整理 »

大いなる沈黙へ

 とても珍しい映画を観ました。

 

「大いなる沈黙へ」フィリップ・グレーニング監督

「グランド・シャトルーズはフランスアルプス山脈

に建つ伝説的な修道院。これまで内部が明かさ

れたことはなかった。1984年に撮影を申請、16

年後に扉が開かれる。差し出された条件は音楽

なし、ナレーションなし、照明なし。中に入れるの

は監督一人のみ。そして5年後、完成した映画は

大きな反響を巻き起こす。」

 

 この修道院は戒律が非常に厳しい事で知られ

ており、1人づつ建物の中の房で過ごし、1日の

大半を1人で祈りの時間を過ごします。基本的に

会話は許されていません。なので、この映画は

2時間49分修道士たちの静けさの中での日常を

そのまま映したものです。監督もHDCAMで撮影

するのに修道士の一員のような生活を送ったそ

うです。

 

 画面から流れるのは足音、雨音、木を切る音、

食器の音といった言葉以外のものばかりです。

そして雪景色、修道院の建物、聖堂、それぞれ

の部屋、ミサへ向かう修道士たち、これらの場面

が繰り返されて行きます。そのどの場面をとって

も美しいのです。自然も建物も動物も人もみな

同じに溶け合って、みな同じに美しい。ひげを

生やした高齢の修道士の顔も姿も。

 

 誘ってくれた友人は「他の友達にみんな断られ

sweat01」と言っていました。そうしたら夢の中で修道

士と私が出てきたので声を掛けてくれたそうです

happy01

 

「ーはるかな、大いなる静けさー

 私たちはこのいかにも独自な作品と向かい合い、

その尋常でなはない沈黙の世界を通っていくうち

に、おどろきながらもいつしか、不思議ななつかし

さをおぼえないだろうか。私たちの日常とは、あま

りに異なる世界であるにもかかわらず、なぜか、

心が洗われる想いにかられないだろうかー涙

すら、うかばないだろうか。

 なぜか、思うにそれは私たちの本来の心のふる

さとが、実はやはり同じように深い静けさのうち

にあるからではないのだろうか。」 

             佐藤研 パンフレットより

 

 今のテレビも映画も感動させてくれようとして、

びっくりするようなお話を用意してくれますが、

そういう意図が感じられると冷めてしまったり

します。この修道院は現代の中で特殊な場所

かもしれませんが、ここには本物しかありません。

 

 こういう映画なのでどなたにもお勧めという

訳にはいかないのですが、ライアーを弾いたり

興味を持つ人にはいいと思う人もいるかもしれ

ないと思って、ご紹介しました。

この映画に流れる感覚がどこかライアーに通じ

るように感じました。実際のグランド・シャトル

ーズ修道院はすべての楽器は禁止されて

いるそうです。

「大いなる沈黙へ」公式サイト

東京は岩波ホールで8/22まで公開しています。

その後、順次全国へ回るそうです。

 

 18:30の回に行ったのですが、満席でしたwobbly

昼間も混んでいるそうです。ちょっと意外でした。

あまりこういう映画って一般受けしないのかな、

と思っていました。でも、嬉しかったです。

こういう映画に興味を持つ人が多いならまだ

大丈夫なのかなってwink 現代の地球に起こって

いる事を聞いて途方に暮れることがあります

ので・・・

 

 興味を惹かれた方は観てみてくださいねsign01

 

 

|

« 今秋のコンサート | トップページ | 楽譜の整理 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/56991106

この記事へのトラックバック一覧です: 大いなる沈黙へ:

« 今秋のコンサート | トップページ | 楽譜の整理 »