« 美しの里 | トップページ | 111番館コンサートありがとうございました »

ミッション

星の美しい季節です。輝きが1.5倍という感じでshine

何か話しかけられてるような気もします。

 

 コンサートでライアーの楽器の紹介をする時、どういう風に

お話したらいいかな、と毎回考えます。

「竪琴の歴史は古く古代文明にも存在していましたが、ライアーは

20世紀に入ってから新しく創造された竪琴です。シュタイナーという

思想家の考えの元にお弟子さんが完成させました・・・」という風に

始めることが多いです。

話したい事は色々あるけど時間の事もあるので・・・

 

 私にはライアーが現代に時空を超えて現れた楽器に思えて

ならないですconfident シュタイナーやゲルトナー、プラハトさんの力を借りて。

何の意味もなく現れるわけはなく、何か目的があったのではないかな、

と思ってしまいます。意志の力を感じるからです。

 

 コンサートでも場所や環境をとても選ぶ楽器。私たち奏者が、と

いうより、ライアーが選ぶのです。

「このような環境でこのように聴いてください」と、あの音からは想像

できない主張をします。だから、コンサートでは聴く人、弾く人、楽器が

みんな対等で、その時その空間の「場」を創ります。終わった時に

何も言わないでもすべてが伝わった感覚になれます。

 

 その「場」の創造のためにやって来たのでしょうか・・・

もしも、「もうこの星ではこれ以上の創造は難しい」と考えたら

帰ってしまうのでしょうか。

A1180_005105

 今色々なライアーの工房では後継者の問題もあるようで、これから将来

ライアーがどうなって行くのか見えない状況のようです。でも、この音に

静かに耳を傾けたい、この音のある空間に身を置きたい、と考える人が

多くいるなら、未来にまだこの地球で必要とされるならすべての問題は

クリアされると思います。

 

 反対に言うと、そんな面倒くさい楽器なんていい、もっと手軽で簡単な

方が・・・という人が多くなれば消えていくかもしれません。

どちらの未来へ進むのでしょう。

 

 私はもちろんライアーの音がある未来に存在したいと思います。

もしなくなって行くような未来だったら・・・もう地球には来なくていいかも(笑)

コンサートではしていないお話ですwink

S

 

|

« 美しの里 | トップページ | 111番館コンサートありがとうございました »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

平川先生お疲れ様です。昨日のライアーのコンサートとても素晴らしかったです!(〝⌒∇⌒〝)とても癒されました(*´ω`*)そして感動をありがとうございました!(。・ω・。)またコンサートがある時におじゃま致します!

投稿: リサ | 2015年1月18日 (日) 02時13分

昨日はお2人で山手111番館へお越しいただきましてありがとうございました(o^-^o)
音が本当に小さいので驚かれたかと思います。ライアーの事をいつも気にかけてくださって嬉しいです。
まだまだ寒さが続きますのでお気をつけてくださいね。

投稿: りら | 2015年1月18日 (日) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/58574339

この記事へのトラックバック一覧です: ミッション:

« 美しの里 | トップページ | 111番館コンサートありがとうございました »