« 602 | トップページ | ~春の癒し~竪琴ライアーコンサート »

7弦ライアー「つばさ」

Simg_1690

 制作をお願いしていた7弦キンダーハープがついに

やって来ましたshine お願いしていたのは版画家の板倉知恵さん。

ライアーをテーマにした作品がたくさんある方です。

本当はもっとずっと前に完成していたのですが、お互いの予定が

合わなくて、今月やっと受け取ることができましたhappy01

 

 2013年秋には山手の個展で少しライアーを弾かせていただきました。

Simg_0345

Simg_0348





 絵は板倉さんの作品です。幻想的な動物が描かれているものも

あります。左上にかけてあるのが、当時制作途中だったキンダー

ハープです。最初に翼のイメージでお願いしたのです。

その日の帰りに寄った場所でcamera (角度によってだいぶ違う感じに

写るんですね・・・)

S_002_2


 木目がよく出ています。

板倉さんは手掘りライアー制作の講座で初めて7弦ライアーを

作られたそうですが、その時初めてなのに明らかにものすごく上手で

周りの人はひそかに驚いていて、その後、版画家の方とわかって、

皆で納得したそうですwobbly

 

 お話をして、すごく御自分の作品を大切にされていて、またライアーに

特別の関心を持たれていてconfident、まだ持っていないキンダーハープの

制作をお願いしました。

 

 ライアー作りは板倉さんにとって、とても楽しい作業だそうです。

彫っていると、ある時「あ、今楽器になった」とわかるんですって!

それはその瞬間を境に彫っている時の、のみが木に当たる音が

変わるんだそうですwobbly

ちゃんと弦の長さも測って、いい音が出るようにも考えてくださって

います。

 

 今も次の依頼が来て、また制作中だそうです。本業の方が

お忙しいけれど、ライアーを作ることは楽しみと考えている、と

おっしゃっていました。

 

 ライアーってこういう楽器だなと、今回改めて思いましたconfident

現代は色々な分野で合理性が求められます。それは、分野に

よっては必要なこともあるでしょう。安くて大量生産の100均の

お世話になることもありますし・・・

でも、ライアーに関しては、反対の方向性ではないかと思います。

 

 作る人は一彫りごとを楽しく大切に・・・・そして出来上がりを

楽しみに待つ人がいて・・・・heart01 

実は「ライアーを手にする」と決めた時点ですべては始まっているのです。

私も最近5年間待ったライアーが来たり、この「つばさ」もお願いして

から受け取りまで数年がありました。でも、振り返ればその間にも

いろいろなことがあったわけです。それは、待っている間に体験した

貴重なできごとです。そして、機は熟し、新しい楽器が来て、また新しい

体験が待っているのでしょう。

 

 無理をしないで自然の流れにまかせて、その時できることを

一生懸命する。これがすべての事において大切なことなのかなあ、

と思いますhappy01

 つばさと共に羽ばたけますようにshine

|

« 602 | トップページ | ~春の癒し~竪琴ライアーコンサート »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/58881041

この記事へのトラックバック一覧です: 7弦ライアー「つばさ」:

« 602 | トップページ | ~春の癒し~竪琴ライアーコンサート »