« 天使の竪琴コンサート&天使瞑想 | トップページ | シュタイナーのこと »

ライアー天使の曲

 ライアーのための楽譜がない、とよく言っていますが、

これは私たちが一般的によく聞く曲のために書かれたライアーの

楽譜がないという意味で、ライアーのために作られた曲というのは

たくさんあるにはあるのです。ただ、あまり普通には知られていない

ものがほとんどです。

 

 ライアーは日本では「千と千尋の神隠し」のおかげで、一般の

人も知るようになりましたが、他の国ではほとんど知られていません。

今もシュタイナー学校などの中でのみ静かに奏でられているだけ

です。そういう所で弾かれているライアーのための曲はたくさん

あります。

 

 私も過去にも何度か書きましたアロイス・キュンストラー(1905-1991)。

この方は生涯をヴァルドルフ教育や治療教育に捧げました。

シュタイナー学校の音楽教師として、たくさんの歌や器楽曲を作曲し、

それらは朝の挨拶、授業、祝祭などの場で奏でられました。

 

 他にもリンデンベルグ、ヴォルガング・フリーベなどの作曲家が

ライアーのための曲をたくさん作っています。

6月3日の天使コンサートではこういう作曲家の天使の曲を弾きます。

シュタイナー学校では祝祭の時にライアーで天使の曲を奏でるのです。

私たちが「天使の曲」と聞くと「ふわふわ」とか「キラキラ」とか想像する

かもしれませんが、シュタイナー系天使の曲は「おごそか」な感じです。

きっとシュタイナー学校では天使は威厳がある落ち着いた存在と認識

されているのでは、と思います。そしてとても美しい響きが残ります。

 

 キュンストラーや他のシュタイナー系作曲家の曲は1人で弾くものは

ほとんどありません。2台以上のライアーで響きを重ねるものばかり

です。シュタイナーの水彩画でにじみ絵ってありますが、あんなイメージ

です。娘がシュタイナー系幼稚園だったので、私もやったことあります

が、ゆっくりと混ざっていく色を見つめていると、気持ちが落ち着いて

来ました。本当、ライアーは音のにじみ絵みたいですhappy01 

特にキュンストラーの曲は混ざり合う響きが絶妙ですshine

 

 こういう曲を少しづつでも弾いて、ご紹介していきたいのです。

なかなか世の中で流れることもないシュタイナー学校で大切に

奏でられている曲たちですconfident

|

« 天使の竪琴コンサート&天使瞑想 | トップページ | シュタイナーのこと »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/59786342

この記事へのトラックバック一覧です: ライアー天使の曲:

« 天使の竪琴コンサート&天使瞑想 | トップページ | シュタイナーのこと »