« 梅雨の癒し | トップページ | 七夕コンサート »

空間に溶け込む音

 ライアーって難しいの?って知りたい方もいらっしゃると思います。

難しいかと言われれば・・・・ピアノやヴァイオリンや他の楽器の

ように超絶技巧の曲とか弾けないです。ピアノですごく難しい

曲を弾く時は、もうその中に没頭して弾くのみと思います。

場所も多少は気にするかと思いますが、基本今回はこういう曲を

選んでそれを弾こうsign01と考えてコンサートするのではないかな。

 

 難しいといえば、ライアーは音の質が命と考えていますので、

弦に入って行く指先の角度がとても重要です。それと力の入れ具合と

抜き具合も。特に角度は微妙で、1本1本の指と弦の場所(音)に

よっていい角度は変わります。また、人によって指の形は違うので、

一律ではないんですねcoldsweats01

 

 そして弾く空間を意識することから始まります。今回の場所は

広さや形はどんなかな?どんな方が来るのかな?そこから考えて行く

感じです。そして曲を選んで、音の大きさも考えます。ライアーの

出せる範囲で大きめに小さめにと考えてます。 

 

 そういうことを読み間違えると、「今回はここがこうだったな。

気づかなかった」と反省点になります。

場を読む、空気を読む、ってことでしょうか。こういう辺りは

日本的な感じがするんですね。

 

 ライアーを演奏するっていう事はその場にいかにライアーの

音を溶け込むように流せるか、だと思うんですね。想像力が

必要かもしれません。ここが難しいと思っています。

 

 やってみてここはライアーでは無理だったと思ったことも

かつてはありましたし、300人入るホールがほぼ満席ででマイクなし

という、今にして思えば無謀なこともありましたcoldsweats01 

「とても小さな音の楽器なんです。少しの間、耳を傾けていただけ

ますか」と言って、20分くらいでしたけど、しーんと聴いていただけ

ました。あの時は嬉しかったです。

 

 ライアーを聴きたいというお話があったら、音について説明して

そのためにはどういう環境が必要か、とお話する必要があるかと

思います。あの音が聴いていただける場なのか、という事は

いつも想像力を働かせなくていけないな、と思っています。

そうやって主催の方との交流が始まり、一緒に考えてくださる

ので、それも大切な時間ですhappy01

 

|

« 梅雨の癒し | トップページ | 七夕コンサート »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/60454049

この記事へのトラックバック一覧です: 空間に溶け込む音:

« 梅雨の癒し | トップページ | 七夕コンサート »