« 「春メドレー」という曲のこと | トップページ | たぶのきコンサートありがとうございました »

ライアーのクーゲル~真珠の珠

Simg_2610


 暖かくなって、元気になりましたheart04

 

 ライアーで音楽を創る時、気をつけている事について

書きます。

ライアーの音はとても柔らかく、しかも響きにくるまれて

いるので、曲を弾くと輪郭がぼやけた感じになります。

それはライアーの魅力でもありますnotes ただ、輪郭が

あやふやになり過ぎると、曲がゆがんだり、縮こまって

しまいます。音のひとつひとつを大事にしながら、粒を

揃えて行く事がライアー演奏には大事だと思うのです。

 

 ひとつひとつの音をクーゲル(円)を描きながら、美しい

珠にして粒を揃えながら、クレッシェンド、リタルダンド、などで

表情を付けていく・・・

 

 音の粒を揃える事は、どの楽器にも大切な事なので

他の楽器の奏者の方もされていますが、固い物で

丸い形を造るのと柔らかい物で造るのとでは柔らかい方が

大変ですし、まして大きさを揃えるのは・・・という事で

想像できると思います。

もちろん他の楽器には他の難しさがあります。

 

 ライアーは円を描くようにしながら音を出しますが、これを

「クーゲル」と呼んでいます。演奏の時の独特な手の動かし方

はこのためなのです。

 

 まずは一音をクーゲルで美しい円を創る。

 そしてそれを粒を揃えながら連ねていく。

 (真珠の珠のように・・・shine

 そして曲を大きく描いていく。

 

 このようなイメージで弾いていますが、もっともっと

美しく描きたいsign01と思っています。

弾けるようになった曲もこのイメージで練習すると

さらに美しいライアー演奏になるのではないでしょうかwink

 

 

|

« 「春メドレー」という曲のこと | トップページ | たぶのきコンサートありがとうございました »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/64557962

この記事へのトラックバック一覧です: ライアーのクーゲル~真珠の珠:

« 「春メドレー」という曲のこと | トップページ | たぶのきコンサートありがとうございました »