« 小さな森の中で~癒しのライアーコンサート | トップページ | ライアーのクーゲル~真珠の珠 »

「春メドレー」という曲のこと

Simg_1739

 昨年も載せた写真です。寒くて震えてるようで・・・

ここ数日冬に戻ったような気候です。

 

 この季節に毎年弾く曲「春メドレー」。

たくさんあるライアーの曲の中でも、特別な思い入れが

あります。

最初、グリッサンドで幻想的に始まり・・・「どこかで春が」

「春が来た」「さくらさくら」「朧月夜」がメドレーになっています。

 

 この曲は2009年に天河神社で奉納演奏した時に

発地さんがアレンジしたものです。2009年春、まだリラ・

コスモスも結成していませんでした。奉納演奏も、ただ

仲間に入れていただいた感じです。特別ななにかが

あった訳でもなく、ライアーが好きな人たちでその時

参加できる人が参加したのです。

 

 その後、夏にリラ・コスモスというライアーアンサンブル

を結成して、秋には初めてのCD「月夜琴」をリリース

しました。こう考えると、天河の神様に願いが届いたの

かしら・・・と思ってしまいますねwink

 

 それから、色々な所で弾かせて頂くようになり、

CDも2枚目3枚目と出せました。こんな所で

弾きたいな、と思った所でも随分やらせて頂けました。

 

 あれから今年で7年目の春ですcherryblossom あの時からすべてが

始まったような気さえします。春メドレーの最初のグリッサンド

が始まると、ふわ~っと想い出の世界に飛びます。

天河での雪の中の演奏、さまざまな演奏風景、出会った人

たちがサーッと走馬燈のように流れるのです。まるでこのまま

死んでしまうようですね(笑)でも、本当にこんな感覚になる

曲は他にないかもしれません。好きな曲はたくさんあって、

№1は決められませんが、「春メドレー」は別の意味で特別な

曲なのです。

 

 天河ではこの曲は7名で演奏しました。その後はリラ・コスモス

で春には必ず弾いて来ました。そして昨年からは2人で弾いて

います。アレンジを少し替えただけで弾けたのです。春メドレー

はライアーの曲としては大曲なので、もう弾けないのかな・・・と

思った事ももありますが、今年もまた弾く事が出来ます。

 

 すべてに云える事ですが、曲とも「ご縁」ですね。

楽器とのご縁、1つの曲やライアーでのアレンジによる楽譜との出会い、

一緒に弾く人との出会い。全てが揃って、初めて弾けるのです。

1人でも2人でも大勢でも、弾ける曲はさまざまですが、

リラ・コスモスの2人で弾ける曲を大切にして行きたいです。

 

 ライアーを弾く人がまだ少ない今、自分たちの演奏が出来ると

いう事は大切にしなければいけない事だと感じています。この春

メドレーも私たちが辞めてしまったらもう演奏される事もなくなって

しまいます。

 今年も大切な曲「春メドレー」を喜びを込めて弾かせて

いただきますheart04

|

« 小さな森の中で~癒しのライアーコンサート | トップページ | ライアーのクーゲル~真珠の珠 »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/64435535

この記事へのトラックバック一覧です: 「春メドレー」という曲のこと:

« 小さな森の中で~癒しのライアーコンサート | トップページ | ライアーのクーゲル~真珠の珠 »