« ヴァイヴァルディ冬 | トップページ | チラシとお知らせ »

楽器を選ぶ時に

 コンサートへ来る方の中にはちょうどライアーの

購入を考えていて、音や実物を見たいという方も

いらっしゃるようです。

 

 楽器選びは本当に大切なので、可能ならば

実際の音を聴く事と楽器そのものを実際に見る事

をおすすめいたします。おおげさに言うと

楽器との出会いがその後のライアー人生を左右する

からです。

 

 ライアーと一言で言っても色々あります。ライアー

とは元々は「リラ」という竪琴を意味する言葉です。

一番最初のライアー(リラ)は亀の甲羅に弦を貼った

ものでした。その後、時代は変わり、現在の楽器は

しっかりした木に塗装を施し、弦も金属です。

 

 でもそういう中でも色々あるのです。とても

シンプルで楽器としてというより、工芸作品としての

もの。これもライアーと呼ばれているかもしれません。

もちろんこれが悪いという事ではないです。それは

それでお役割があります。

 

 

 今ウイキペディアを見ると、リュラ、リラなどとも

呼ばれていたライアーの歴史の事から、「20世前半

に、音楽家であり、治療教育者であったエドモンド・

プラハトEdmund Pracht によって生み出された新たな

もの」という現代のライアーの事も書いてあり

ます。

 

 

 なにせ新しい楽器なので、さまざまな見解もあるか

と思いますが、私が弾いているのは↑に書いてある

楽器の事で、本当に美しく素晴らしい音色と

響きを持っています。何か特別な輝きが楽器から

発せられているように感じます。

 

 

 でも、もちろん他の楽器には他のいい所もあると

思います。手に入れやすかったりというのが大切に

感じる場合もあるでしょう。

 

 

 ただ、選ぶ時に楽器から発せられるものが自分と

共鳴するか、そこは重要じゃないかと思うんです。

波動といえばいいのかな。

この世に存在する美しいライアーという楽器・・・・・

自分は出会えてその美しさ、音色も楽器そのものにも・・・・

に感動したので、同じように共鳴できる方には出会って

いただきたいですhappy01

 

 

 ライアーは特に身体を密着させて、振動を感じ

ながら弾く楽器だから、自分と合うかどうかが

大切です。もし迷っているなら、相談してくださいねwink

本当のことを言うと、買ってしまってから「やはり

どうしても・・・」と買い直す方も結構いらっしゃるの

です。相棒のようになる楽器です。我慢は

出来ないのかもしれないですね。

 

 ライアーは自分の中の一番素敵なところと共鳴

する楽器。本当に自分の本質と合う楽器と

出会えた時に自分の中の最高のものとつながる

ことが出来る・・・そう思いますshine

|

« ヴァイヴァルディ冬 | トップページ | チラシとお知らせ »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/69633889

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器を選ぶ時に:

« ヴァイヴァルディ冬 | トップページ | チラシとお知らせ »