« 秋のための曲選び | トップページ | この夏の思い出の旅 »

大好きなO'Carolan

 今日も雨mist

梅雨のような毎日です。

 

 7月に打ち上げで、俣野別邸に行った

時の写真がありました。

S20170815_img_4269_2


 今回も楽器持参。だってこんな場所でライアーの

写真を撮りたいじゃないですかhappy01 さすがに

持って行ったのはキンダーハープですけれど。

S20170815_img_4264_2

 音も撮ってみたのですが、案の定セミの声しか

入っていませんでしたsign04sign04 sign04sign04

 

 ランチの後にデザートcake

S20170815_img_4256


 スイーツって見るだけでも幸せな気持ちになりますcake

S20170815_img_4259


 素敵なお食事ルームのようなお部屋は私たちだけ。

のんびりと出来ました。

 ここにつづくお部屋にピアノがあり、コンサートは

そこで行います。

S20170815_img_4260


 10/6のお月見コンサート詳細は→こちら

 

 この頃、夜1人で弾いているのはO'Carolanです。

O'Carolanはこの前書いたように大勢で弾いていた

時も楽しかったけれど、ソロもいいですね。

セシリア・アンズワースさんの楽譜にO'Carolanの

ソロで弾ける曲が何曲かあって、弾いてみてます。

 

 元々、よく弾いていたSheebegSheemore、Planxty

Irwin、エレノア・プランケットとブリジット・クルーズ・・・

弾き始めてもうだいぶ経ちますが、飽きる事はありま

せん。Funny Powerやブリジット・クルーズのAir4も

好きです。

 

 その他にセシリアさんの楽譜に載っている

♪「Hewlett」

♪「The Dark Plaintive Youth」

♪「Squire wood's Lamentation on the Refusal

of his Halfpence」

を、今年良く弾いています。ちょっぴりもの哀しい

O'Carolanですconfident

 

 この頃はいつでも、「構成」を考えるのが癖に

なっていて、もし「O'Carolanシリーズコンサート」

をするとしたら・・・・どういう順番がいいのか、とか

無意識に考えていますcoldsweats01

やっぱりライアーで弾くO'Carolanは最高ですよnote

 

|

« 秋のための曲選び | トップページ | この夏の思い出の旅 »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409373/71431419

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きなO'Carolan:

« 秋のための曲選び | トップページ | この夏の思い出の旅 »