« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

ライアーを楽しむ会

Simg_5627


 窓の向こうには山桜がチラホラ。

先日は横浜市戸塚区の施設の3周年記念コンサート

でライアー演奏を聴いていただきました。

Simg_5626



 お祝いなので赤い衣装でwink

 入所者の方たちに珍しい楽器ライアーに、

熱心にメモを取る方、小さな声で一緒に歌う方。

今回は早春賦、仰げば尊し、春メドレーの他、

埴生の宿、G線上のアリアなどを演奏。

 

 最後に触って頂いた時「昨日ビルマの

竪琴を見たんだ」と言われた方がいて、

シンクロニシティですねwink グロッケンを

すごい速さで叩いて曲を奏でた方にも

びっくりしましたwobbly

 

 これで少し一段落。

次は5月のホームコンサート。これも

クローズドです。

 

 そして、5月にもうひとつnote

「ライアーを楽しむ会」を行う事になりました。

今回は気楽にライアーで音遊びをしたり、

少しアンサンブルを楽しんだり、楽器に

ついて語り合い、聞いてみたい事を

自由に情報交換する会です。

 

 奏でる会の後、生徒さんで「アンサンブルを

したい」という事で、これからみんなでやって

行く計画があるようですhappy01 アンサンブルは

それぞれのパートを弾いて、合わせ

ひとつの曲にするものですが、意外と

合わせづらかったり、ずれてしまう事も

よくあります。呼吸の合わせ方や、拍の

取り方などを最初はやりやすいものから

やってみたいと思います。

また、先日のグロリアは素晴らしかったので、

弾きたいですねsign01

 

 

 それから、これからライアーを始めたい

けど楽器はどんなのが自分にいいだろう・・・

と考えている方もご参加下さい。コンサートの

後にも少しそういうご相談を聞く事もありますが、

なかなか時間のない事もあるのですが、今回は

ゆっくりお話出来ると思います。

 

 とりあえずこんな感じですdownwardleft

 

 2018年5月26日(土)13:15~15:30頃予定

 リリス音楽ルーム(JR本郷台駅徒歩2分)

 参加費 2000円

 

 お問い合わせはこちらのメール送信からどうぞ。

 また詳しいお知らせはいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大倉山ありがとうございました~続き

Simg_5061


 この大倉山記念館で生徒さんたちの会をする事を

決めたのは、昨年の9月。もう半年後の抽選は終わって

いて、平日しか空いていなかったのでした。

 

 10月には七里ヶ浜神奈川県民講座、11月には

おさらい会で、生徒さんたちは演奏の場が続いて、

3月の会はこんな場所でお客様まで入れて、

演奏会をするという事はよくわかっていなかった

かもしれませんcoldsweats01

 

 だんだんと事の大きさがわかって来て、3/1に

本番と同じ場所でリハーサルを行ったことで

本気モードに入っていかれたようですannoy

 

 ライアーという楽器にふさわしく、繊細な音と

共鳴するような場所で、大勢で奏でたいsign01という

私の夢も叶いました。こうしてずっと、ひとつづつ

夢を叶えて来ていますshine そしてライアーに関しては

夢がすっと叶ってしまうのです、不思議な事にheart04

 

 確かに設備の整った場所ではなかったので

大変な面もありました。でも、こんな場所で

ライアーを演奏して、皆様に聴いて頂けた事

は一生の宝物になるのではないでしょうかwink

Simg_5565


 これからも、こういう文化施設で弾くシリーズは

続けていきたいと思います。場とライアーが調和

するような場所を探してみたいです。

Simg_5507


Simg_5576

 ありがとうございました。

 

 明日は横浜市内の施設のお祝い会での

演奏があります。またライアーを通して新しい

出会いを楽しみにしていますnoteshappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大倉山ありがとうございました!

Sdsc_1517_3


 大倉山「ライアーを奏でる会」、終了しましたnotes

楽器の集合写真です。これを撮るだけでも大変sign01

皆様のご協力、そしてお手伝いして頂いた方に

感謝です。

Simg_5569


 ホール入口。

Simg_5512

Sdsc_1413

Simg_5570_2

 本当に素敵な場所なんですけれど、エレベーター

などの設備はなく、階段につまずかないよう

に注意しながら。

Img_5573_2

 舞台は横10人並んだらぎっしりです。

 

 構成は1部「HIRAKAWAグループ」、

2部「HOTCHIグループ」、3部「LYRAKOSMOS」、

4部「全員演奏」です。このフォーメーションごとに

舞台の椅子、譜面台、などを変えます。生徒

さんに有能な方が多くて、6枚ほどにレイアウト図

を作成して下さり、これのおかげで皆が見て

理解する事が出来て、助かりましたnote

Dsc_1442


当日リハーサルの様子。

お客様もどんどん入って来て一番後ろの方まで

いっぱいでした。

 

 1部の始めはHIRAKAWAグループの

全員演奏。コリン・タンサーの2台のライアーの

ためのプレリュードとロイエンタール春のあいさつ。

その後はドキドキの個人演奏ですheart02

Dsc_1502

Dsc_1503

 個人演奏は私と2人で弾く人やソロ演奏の人。

まだこんな舞台で弾くのは初めてでしたので、緊張coldsweats01

そのために何度も自主練習で集まって練習を重ねた

成果が出て、みんな11月の時よりも落ち着いて演奏

されてました。

 

 演奏曲はそれぞれ好きな曲をチョイス。親子でおもいでの

アルバムや、サリーガーデン、グリーンスリーブス、オカロラン

などのアイリッシュ系の曲、それからコリン・タンサーの素敵

なソロ曲。そしてヘンデル、バッハ、自作の曲もsign01

 

 個人の曲が終わった後はみんな晴れ晴れ、生き生き

としたお顔でしたhappy01heart04

 

 つづく・・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンサンブルが楽しい

Simg_5527


 暖かかったり、寒かったり、風が強かったり、

もう春ですねtulip

 

 大倉山ライアーを奏でる会まで、あと少しsign01

生徒の皆さんはびっくりするくらい頑張っています。

今日は最後の合同自主練習を行っていました。

 合同自主練習で集まるようになって、生徒さん

同士のつながりが出来てhappy01 とにかくみんな

ライアーが大好きなんです。そして今回たくさんの

人の前でライアーを弾くという大きな体験をする

ことになり、それに向けてひとつになっていますnotes

 

 まだ初めて1年にもならない方も多いのに、大きな

舞台での演奏。しかもソロで弾く人もいます。

曲も個人の曲は自分で好きな曲を選びました。

今回はとにかく体験shine 絶対に次につながります。

 

 1人で弾くのが大変な事もあってか、みんな口を

揃えて「アンサンブルが楽しいsign03」と言っています。

本当にそうなんですよ。小さな音の重なり合いが

奇跡のような美しさを生み出すのですshine

 今回皆で弾くのは・・・コリン・タンサー「2台の

ライアーのためのプレリュード」「春のあいさつ」

「ダニーボーイ」それから最後に発地クラスとも

合わせて全員でキュンストラー「カノン」「降誕節」

「グロリア」です。

 

 そしてもう終わった後も「「みんなで集まって

練習しよう」という話になっているそうです。

楽しみですね~heart04 私が十数年にわたり、

集めて来たたくさんお楽譜を是非是非弾いて

下さい。ライアーの響きの美しさを生かした

曲がお好きな方が多いようですので、いっぱい

ありますよwink

 

1人で弾くのとは違う事もありますが、

皆でやりながら、「こうした方がいい」とか

色々わかって来ると思います。

でもまずは19日。この日に気持ちを集中

させましょうnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春は間近に

Img_5528

 春らしくなって来ましたね。かと思えば冬に逆戻り

の日もありますが。

Img_5527


 ここは大倉山梅園。

大倉山といえば、19日のライアーを奏でる会

の会場のある場所。その裏にある梅園なん

です。リハの日に梅園も見られるかなあと

思っていたけど、そんな時間はなかったので、

実は翌日もう1度見に出掛けたんですhappy01

 

 梅は桜よりも咲いてる期間が長いので

見に行く機会も取りやすいですねheart01

そして今が一番「春」を感じる頃かもしれ

ません。

桜が咲くともう春全開cherryblossomで、その次へ進んで

行ってしまうような・・・・

 

 今はリラ・コスモス関係者は19日に

気持ちが集中していますsign01 今回は

チラシも手作り。

S

 
 プログラムも手作り。

Simg_5544


Simg_5541

 イラストも描いて頂いたり。皆さんにご協力

頂いています。

 

 当日は1部から4部まであり、それぞれ舞台の

椅子の配置を変えます。譜面台や楽譜の回収

設置などいろいろあって、昨日はミーティング。

 

 今日は生徒さんたちで自主練習をして、お互い

聴き合ったそうです。後2回行う予定で、私も

顔を出します。

 

 今回が終わっても、これからいろいろな曲を

みんなで弾けそうなのが嬉しいですheart04私は

元々、大人数のアンサンブルをやっていたの

で、その頃弾いていた楽譜がいっぱいあって、

またいつか是非弾きたいな、と思っていたの

ですnotes

 

 3/19は人数把握のために一応予約の連絡を

頂いていますが、もうかなり頂いています。

私たちの人数もあるので、もう少しでMaxとなる

かもしれません。平日なのにすごいです。

 

 春の始まりの1日を素敵な大倉山のホール

でライアーの音色をお楽しみください。

演奏するメンバーも頑張っていますheart02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大倉山でリハーサル!

Simg_5512

 

 昨日3/1に「春のおとずれ~ライアーを奏でる会」の

リハーサルを行いましたsign01 この日は朝嵐の予報typhoon

でもそんなに心配はしていませんでした。だって

なるようにしかならないじゃないですか。

そうしたら、8時頃には雨もやみ、特に支障もなくhappy01

 

 今までライアーを持って弾きに行く時に、お天気で

行けなくなった事はないのです。東大寺の時は

関西地方に台風直撃でしたが、奈良県は大丈夫

でした。テレビでは大変な様子が映っていましたが、

東大寺は青空も出ていたんですよ。こんな時、

何かに応援されているのかな、と思いますconfident

 

 私は10時頃到着して、そこから都合のいい時間

に生徒さんがやって来て、全体練習をしたり、

グループごとの演奏をしたりしましたnote

 

 もう場所が素敵でheart04

Simg_5507

 この扉。外国に来たみたいです。

大倉山記念館は横浜市指定有形文化財に指定されて

います。本当にここのところ、こういう文化施設と

ご縁があります。ライアーは楽器としてはまだ歴史は

浅いのに、こういう場所が似合う事heart01

 

 扉をそっと開くと・・・

Simg_5504


 リハーサル中notes

古い建物なので、階段も多く設備が現代の建物のように

整っているわけではないけれど、でもだからこその雰囲気が

ありますね。

Simg_5502

 

 この日、8時間くらいいたのですが、ずっと忙しくて、

写真もそんなには撮れなかったのです。合間を見て、

ライアーとライアー立てを持ち、階段を昇り降りして撮り

ました。ライアーの写真を撮るのが好きというのもある

けれど、HPに載せたりすれば、訪れた方に「こんな

素敵な楽器の音はどんなだろう」と思って頂けるし、

大切な活動の一部なんです。

 

 そして、肝心のリハーサルですが・・・

最初、客席で聴いた時、音が良く聴こえないな~と

感じて。でもこれは空調の影響でした。切った途端、

とても良く聴こえました。空調の機械も少し古くて

音が大きいのかもしれません。

当日は空調は切りたいと思っています。

暖かいといいなsun

 

 普段は聴いて頂くばかりで、あまり客席でライアー

を聴く事がないですが、客席で聴いたライアーは・・・

神秘的でしたshineみんなの手が動いているのはわかる

けれど、どこから聴こえてくるんだろう。この微かな

美しい音は、と。そんな感じでした。

 

 参加の生徒さんたちは11月におさらい会で人前

で弾く体験をしましたので、今回はその時の経験を

活かせると思います。どの楽器だって、人前で弾く

のは緊張すると思いますが、ライアーって、本当に

聴く人が耳を澄ませて、全身を傾けて聴いて来られ

ます。大勢人達の集中の1点となる。それを

受け止めて弾けると素敵な体験となるでしょうhappy01

 

 帰りに私たちを迎えてくれたのは大きなお月様fullmoon

「お疲れ様」って言われているようでした。

でも、本当にあっという間の1日だったんです。

録音の日を思い出しました。

 

 帰ってからも、プログラムの事、フォーメーション

の事、準備する物の事。たくさんたくさん打ち合わせ

する事が。

でも、生徒さんがすごく協力して下さり、助かって

ますhappy01 みんなライアーに魅せられた人達ばかり。

大倉山記念館で弾ける事を喜んでくださってます。

きっと、これからレパートリーも増えて行き、活動

も広がって行く事でしょうshine

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »