« 風が吹き抜けた華の仏さま展 | トップページ | たぶのきコンサートありがとうございました »

ライアーの手は仏様の手

 先日の奈良で大発見がありました。

Simg_7580


 大仏様の「手」を見てください

ライアーを弾こうとしているようです。

 

 まだあまりライアーの弾き方をご存じない方

のために・・・

ライアーは指の腹をたっぷり使って弾きます。

指先で弾かないので手は丸くならないのです。

ピアノは手が丸い方が「良い手」ですね。

ライアーは指の腹を弦につけます。

Simg_7581


 こちらは薬師如来像。こちらの方がさらに

ライアーを弾く手に近いかも。

 

 仏様の「手」について少し調べてみました。

仏様によっていろいろな手の形をしていますが、

「印相」といい、メッセージなのだそうです。

 

 上の仏様のように手のひらを挙げて

こちらに向けているのは「施無畏印」といって、

「畏れを取り去る」意味だそう。畏れを取り去るは

緊張を和らげるという事にもつながります。

ライアーを弾く手がそういう意味を持つ

仏様の手に似ている、という事にちょっと

びっくり

 

 どこまで奥が深いのでしょう<ライアー

 

 これからは、この仏様の写真を見せるのが

いいかもしれませんね

 

 ライアーを弾く手が、畏れを取り去って

下さる仏様の手に似ていた・・・・という

発見でした

|

« 風が吹き抜けた華の仏さま展 | トップページ | たぶのきコンサートありがとうございました »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライアーの手は仏様の手:

« 風が吹き抜けた華の仏さま展 | トップページ | たぶのきコンサートありがとうございました »