« 美しく不思議な春の1日 | トップページ | アルトライアーを迎えると決めた日 »

いのちをのせる

 

今日は台風が来たみたいです!

これでは予定は中止。家にいます。

そういえばアメリカでは皆既日食だそうですね。

 

発表会が終わってから、普通に練習するくらいで

そんなに弾いていませんでしたが、ようやく

気持ちが乗って来ました。冬が終わったからかも。

寒いと床暖房のあるリビングから動けなくなって

しまうのもあります...

 

5月に今年も浅田家薔薇コンサートがあります。

ホームコンサートなのでなかなかお声かけが

出来ないのですが、八ヶ岳や大阪からも来られる

方がいるようです。お庭にふさわしい美しい曲を

考えます🌹カヴァレリアルスティカーナの間奏曲

俣野別邸で弾きましたがいいですね!それから

フォーレのシシリエンヌも弾いてみたいと思って

います✨

 

またこの後、ソロ演奏の予定もありますので

曲選びが楽しいです。

 

この前、ある講演会に行きましたがその中でとても

しっくりする言葉を聴きました。

 

すべての事はいのちを乗せる事が大切です

ことばであれ、行動であれ

いのちを乗せることで感動が生まれるのです

 

講演会は音楽とは違う分野でしたが、

私の中ではすぐにライアーに結び付きました。

 

演奏にいのちを乗せる

 

いのちを乗せる、とはどういう事でしょう。

こういう風に弾こうとか、身体や手を動かして

みようとか、頭で考えるのとは別のところに

ある気がします。

 

ライアーであれば、ひとつひとつの音に

いのちを宿らせ、

それらが音楽になって行くような。

 

まず練習の中で上手な人の弾き方を

真似してみる、というのはありだと思います。

楽しそうに弾く、悲しそうに弾く

ただ、いのちを乗せる、とは

違うような気がします。

 

 

自分の演奏に乗せられるのは

自分のいのちでしかない。

演奏中のすべてに集中して

その結果生まれたものだけが

その人唯一の演奏です。

 

皆がそれぞれのいのちを乗せた

演奏が出来れば、素晴らしいですね。

 

 

|

« 美しく不思議な春の1日 | トップページ | アルトライアーを迎えると決めた日 »

ライアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美しく不思議な春の1日 | トップページ | アルトライアーを迎えると決めた日 »