旅行・地域

夏は旅人

 

6月に入っても今のところ、

涼しい日が多いです。昨年の夏が暑くて

苦しかった事をまだ根に持っていて!

今年は夏が来るのを警戒しています。

 

昨年の暑さは10月まで続きました。

まだあれから7.8か月しか経っていない

のにまた夏が来るのですか...

 

もう無理の効かない年齢ですし、暑い間は

ゆっくりしようと思います。涼を求めて

お出掛けはするかもです。私はなぜか、家に

ずっといられない性質なので、多分どこかに

行く事になるでしょう。

 

もうすでに8月に八ヶ岳にコンサートに

行くことは決まっています☺8月10日の

Kanonさんとayanoさんのライアーコンサート

です。こちらはピンと来てしまって。

 

行くと決まると、どんな計画にしようかなあと

考えて行きます。そうするとだんだん自分の

理想の形がおぼろげながら見えて来ます。

そうするとそれじゃあこうしよう、とか

さらにワクワクして来ます。

計画を立てるのが好きなのかもしれないです❤

 

泊まるところを考えるのも好きで。

高級な所というより(そもそも高級は泊まれない)

何かこだわりがあったり信念を持っている

宿には泊まってみたいな、と思います。

今回もとても素敵なところと

ご縁が繋がりました。

 

 

私自身は素敵なお家に住んでいないので、

こういう家に住みたーい、という宿に

憧れます。住んでる家は全然違えども

そういうお宿の主さんとはわりと話が

合うので、情報も教えて頂けるのです。

 

今年も行くと3年連続八ヶ岳へ。

暑い夏もなんとか乗り切らなくては。

 

 

| | コメント (0)

日本の外へ行って来ました

 

 GWの少し前から久しぶりに日本を出て

海外へ行って来ました。5月の最初には

戻って来ましたが、その後なかなか身体が

元に戻らず💦それでも少しづつ回復しています。

 

Img_6112

 

行先は北米でセドナやグランドキャニオンを

廻ったのですが、規模の違いというものが

想像出来なかったのです。

 

Img_5883

 

お天気には恵まれ全行程見学出来ました。

移動中や夜はかなり凄いスコールも来ていた

ようですが、目的地に着くと青空が🌞

 

アメリカの中のごく一部を廻る旅、では

あったのですが、とにかく広さが違います。

全部で2800キロも移動したんです。日本の

上から下までが約3000キロなので....そう

理解していればハードな旅とわかったのですが(笑)

 

Img_5930

 

行く前に行く場所の天気予報も、ちまちま

調べていましたが、2800キロもあればお天気も

色々です。アメリカでは天気予報見るより

行く方向の空を見るんだと教わりました。

 

でも、ガイドブックにはこちらの気候と変わらないと

書いてあったのに全般寒かったです!あれは冬でした💧

ライトダウンくらいでは無理なくらい。

 

Img_5969

 

自然が雄大で....

手を加えていないそのままです。というか、

広過ぎて加えようがないのです。日本だったら

絶対柵のあるような所もそのまま真下まで何も

ないです。落ちたら遺体も回収できませんと言われました。

そんな所の先端に行ってピョンピョン

跳んで写真撮っていました(私たちではないです(笑)

何でも自己責任の社会なんですね。

日本は親切に立ち入り禁止にしたりしますが...

ただ今回わかりましたが、広くてとても全部に手が

廻らないのですね。

 

Img_5995_20240510111601

 

Img_6005

 

帰ってからですが、自分て本当に日本の中

のみで生きて来たんだなあ、と思いました。

日本でもアメリカでもその土地が人種という

ものを作っているんだなあ、と。

日本の細やかさや気遣いも日本の土地から

来ているのです。手が回る広さの中で。

 

ちょっと細い道を歩いている時、大小の

石や岩がゴロゴロしていますが、これって

絶対上から落ちて来たものかと。いつ

石や岩が降ってくるかわからないなか

歩いているのですね。こんな事考える事自体が

日本的意識なのでしょうね(^^;

 

Img_6108

 

アメリカの大らかさはこの土地が生んだもの。

何かを遂行するとき、最後は手放す事が重要かと

思っていますが、この点ではアメリカは有利です。

手放さざるを得ないですから。日本は出来てしまう分

どこかで天に任せるというのを自ら意識するべきかな、

と思いました。

 

ここ、ザイオン国立公園は春先の美しい季節。

癒しの雰囲気でちょっとホッと↓

 

Img_6131

 

最後はラスベガス。

今までと打って変わって人工的な街。

そしてここは真夏の気温。

 

Img_6173

Img_6174

 

眠らない街、ラスベガスでは21時半からのショー

を観て帰りにベラージオホテルの最終の

噴水ショーに走りました。一番最後は

ホイットニーヒューストンのアメリカ国歌斉唱

で、もう0時。

 

Img_6159

 

アメリカらしさ満載の旅でした。

そして自分の中の日本人らしさを良くも

悪くも再認識した旅。今まで自分は

そんなに日本人ぽくないかな、と

思っていました。器用でないし細やかでも

ない。でも、そういう事じゃないのです。

日本人の持つ精神、これはなかなか

他国の人には理解出来ないものかもしれません。

今回、アメリカらしさに触れた事が

逆に日本を意識するという事になりました。

 

写真の整理がやっと出来て良かったです。

お付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

| | コメント (0)

松江から大山そして奇跡の再会

 

コンサートの翌日は大山へ。

 

大山への道は美しく色づき、

道が上がるごとに色は増し、そして

葉がなくなっていく様子まで観察できました。

 

到着したら

 雪!

 

降っていたのは雨でしたが

雪が積もっていました。

 

Img_5403

 

転ばないように必死で歩く私を

後ろから撮って下さる国野さん。

必死感がよく出ています。さすが。

 

Img_5401

 

寒いので大山はここまでにして

降りていきます。途中

「ふくろうさんに寄ろう!」

という事に。

 

ふくろうさんは2019年にコンサート

させて頂いたペンション。先月、

30年の歴史に幕を降ろしたのです。

 

Img_5388

 

素敵な門構え。以前は緑でした。

↓2019年

 

Img_9461

 

急で連絡もなしだったのに

いらっしゃいました!そしてとても

喜んで下さいました💧

 

Img_5391

 

中は変わらない。暖炉に火が入ってる。

 

Img_5394

 

そしてまたここでびっくりな事が!

2019年にコンサートに来てくださった方達が

この後、皆で来られるというのです。

こんな偶然あるんですか(*_*)

 

少し待っていたら次々と来られました。

急いで隠れる勝本さん(笑)

驚かせるんですって。私も一緒に隠れました。

でもすぐに見つかりました。

 

ライアーもあるし、これは聴いて頂くしか

ないでしょう。サリーガーデンを。

アイルランドの曲ってこういう時にも

いいですね。懐かしい感じでした。

 

Img_5404_20231211232401

 

飛行機の時間があるので、短い時間でしたが

素敵な時でした。

美しくて懐かしくてちょっとせつない

 

撮って頂いた動画がまた貼れなくなりました⤵

インスタを貼っておきます。

 

    インスタはこちら

 

その後、なんとか貼れました↓

容量が大きかったみたいで

だいぶ短くしたら出来ました。

インスタの方が長いです。

それにしても大きい!

もう少し小さくしたいのですが💦

 

 

 

今回も沢山の思い出とともに帰途へ

山陰にこんなに何度も行くなんて

思いませんでした。不思議です。

 

シンクロニシティに導かれる旅は

これからもライアーとともに続きます。

きっと。

 

Img_5389

| | コメント (0)

松江に行って来ます

 

  昨日は昼間はポカポカ

  夜は急に風邪が冷たく

 

もう今日になりましたが

松江に行って来ます。

 

  飛行機にちゃんと乗れるかが

  最初の関門です(笑)

 

この何年かで乗り方も変わり

今はオンラインチェックインに。

出発の24時間前から出来るのですけど

すごくわかりづらくて毎回ぐったりです。

 

  スマホで何でも出来るのも

  便利なんだかそうでないのか、

 

私なんで便名や確認番号とか

色々な必要事項を全部メモして

やってますので⤵

 

  でもとにかく出来ました✨

 

最初に荷物を預けて...

楽器があるので機械で出来ないので

並ばなくては...

 

でも今年も松江に行けるのは嬉しいです。

本当にいいところなので

素敵なカフェもいっぱい☕

 

  また思い出をたくさん作って来ます。

 

 

 

 

| | コメント (0)

心が豊かになる

御射鹿池

 

 流れる方向へ行って

美しい風景や人に出会いました。

 

蓼科湖

Img_4985

 

Img_4956

Img_4965

B&Bノマの森。

 

ここに行った人からの話を聞いただけで

すごく行きたくなった宿です。

思った通りの素敵な宿でした。

宿のご夫婦ともお話して楽しかった。

 

 昔は人見知りで初めての人と

話すのは苦手でしたが、いつの間にか

初めての人にもお話しまくり。

年取ったんですね~(笑)

 

 でもこれは良かったと思ってます。

その方が楽しいし、色々聞いて

得るところも多いです。年取って

良かった事もありますね。

 

 そう、もうひとつ年取って

良かったのは自然を深く感じられる

ようになった事。だから今旅する

事は心が豊かになれる大事な事と

思ってます。

 

 また、別の観点から

演奏の時に心を強くしなければならない、

とそれはある頃からずっとテーマに

なっていて、色々な学びをしたり

現在も続けています。それとともに

人と話すのも平気になって来た

ような気がします。ライアーのために

努力してきた事がこういう性格的な

事にも影響を及ぼしている、のかも

しれないです。

 

 さて、蓼科の宿を後にしてこの旅の

本当の目的地、Kanonさんのお家へ。

 

 

| | コメント (0)

流れる方向へ行く

 

 台風が来ても変わらず、

暑さが続いています。水不足の話も

ちらほら。そういえば雨が少ないですね。

局所的には凄いですが。

雨が降れば多少は気温が下がるので

それもないのはきついですね。

でも、昨日1匹だけひぐらしが鳴いて

いたんです。夏の終わりを微かに感じました。

 

 そんななか、まるで暑さ脱出みたい

ですが、明日から蓼科へ行きます。

気温を見ると

こちらよりは涼しそうなので楽しみです。

 

 でもどうして蓼科の宿を予約したんだっけ。

そうそう、蓼科に素敵な私好みのB&Bがあると

聞き予約したのでした。そうしたら、帰りに

Kanonさんのお家に寄らせて頂ける事にも

なったのです。

 

 この頃は「なんとなくそうしたいな」と

いうだけで行動する事が多いのですが、

どうもそれが良い結果を生むという事も

実感して来ました。

 

 本当なんですよ。

ああしてこうして、とかそれは

こうした方が、とか頭で考えて行動すると

何か結果が今ひとつ...なんです。

それよりも、こうしたい!と思った時に

流れがOKですんなりといくなら、そのまま

進んだ方がかえっていい事が起こります。

 

 最初の思い付きで行動してみて、

それに何やら色々なお話がついて来て。

尾がついてひれがついて

お魚になっちゃうんです(意味不明)

そしてすいすい~と泳いで行って

色々な所へ行けちゃいます。

暑さのせいか、少し頭のおかしい

文章ですが、雰囲気は伝わるでしょうか。

 

 ふっと思った事をやってみて

こういう動きが見えたならこれは

「それでOK」という事。

行きつく先も途中にも素敵な事が

待っていますよ。

是非お勧めします。

 

 静かで自然に囲まれた場所。

最近はそういうところにとても惹かれて。

多分自分の中の深い部分が求めているの

だと思います。

 

 そしてまたあのKanonさんのお家に

行けるという素晴らしい流れになりました。

今回は楽器はなしで、と思っていたら

Kanonさんの所に滞在中の楽器が

あるのでそれをお借りして2人で弾けます。

これも何か、天からライアーを

お借り出来る気分です❤

素敵な写真や動画も?撮れそうです。

 

 

| | コメント (0)

穂高養生園続き

 

 木と人カフェ。

Img_4791

 

 少し暗めの中が落ち着きます。

 

Img_4833

 

 スタッフの方がいない事も多く、

自分でお茶を淹れたりお菓子を用意します。

中もいいけど外の席もいいです。

 

011f9c5f1ced4cda89c5947da4424871

このりんごチップがすごく美味しくて。

 

Img_4796

 

 朝のヨガはここで。

午後に来た時はここでヨガマットを出して

1人でお昼寝しました。

 

 ここでライアーを弾きたい、と何度も

思いましたが、森でない道路からの道も

少し上り坂で何も持っていなくても、

20分歩くと息が上がるので断念しました。

 

 戻ってから、新棟の共用スペースで。

Img_4783

Img_4799

 

 また1人でティータイム。インカコーヒー。

身を置きたい場所があちこちにあります。

 

本館里の家の前のハーブやお花。

Img_4827

Img_4825

ハマナス?いい香りでした。

Img_4831

 

 自然に興奮してしまいました。

 

 宿泊者の方たちとは食事や朝のプログラムで

顔を合わせるので外で見かけると

「ああ」という感じで会釈します。

 

 そのうち少しお話するようになった

方もいます。30年前から来ている方には

色々教えて頂きました。

 

 どこから来たかくらいは言いますが、

普段何をしているかというようなお話は

ほとんどせず、森の中の事とか。皆

話がしたいというより共有したいのです。

今、感じていること。

多分同じことを思っている、とわかるから。

いつもの日常とまったく違う時間、空間だと

そのあまりの違いを感じています。

自然の素晴らしさだけでない、

ここにある本物感。

 

 普段の自分の周りにはそれ風のものは

あるけれど、あくまで「風」

本物といえるものって少ないなあ、と。

 

 皆さん最初に来た時よりお顔、

特に目が活き活きとしています。

数日をともにしただけですが、

出逢いを感じました。

 

 食事も一品一品作り方や入っている

ハーブも説明して下さり、それがよく

わかって感じられます。五感が繊細に

なっているようです。

最初の日に頂いたキャベツとレモンの

スープは家で作ってみました。

まあ、美味しくできました。

 

 帰るのが本当に名残惜しく、

また来たいな、と。1年に1度は

時間を作って来たいと思いました。

 

 私の部屋のドアから中庭に出たところです。

小鳥の声と水の流れる音がずっとしていました。

 

Img_4772

 

 お付き合い頂きありがとうございました。

 

 

| | コメント (0)

穂高養生園

 

 穂高養生園の事をどうやって知ったか

思い出せないのですが、もう10年くらい前

から行きたいと思っていました。

 

 開園は4月上旬から11月中旬までで

なかなか行く機会がなく、今年

梅雨時だけど「今しかない!」と

思って急な予約でしたが、取れたので

行って来ました。

 

 横浜からはかなり遠い穂高養生園。

リトリートの宿です。

 

Img_4770

 

 養生する所なのかと言うと、

そういうわけでもないです。むしろ

森を歩いたり、ヨガなどのプログラムが

あり、身体は元気な人が行くお宿かと

思います。1日2食玄米菜食、テレビなし。

食事の後食器は洗って拭いて戻す。

お風呂は時間を書いて予約する、などの

決まりがあります。

Img_4801

 

 こうして外のデッキで頂いてもいいです。

目の前はハーブやお花を植えられています。

玄米菜食と言ってもかなり凝っています。

1品1品がすべて素材の旨みを生かしていて

とても美味しいです。

 

 私は新棟に泊まりました。

新棟の入り口。シュタイナー建築ぽい感じ。

 

Img_4785

 

 あ、当然ライアーと一緒です。

自然の中で弾きたいし、それに私は

ライアーを弾くのと同じくらいライアーの

写真を撮るのが好きなので、こんな

絶好のロケーションを逃すわけには!

 

Img_4818

Img_4767

Img_4755

 

 木の香りが拡がり

シンプルだけど、こんなお部屋に

住みたいと思う、私にとって理想の部屋。

外にそのまま出て行けるのがいい。

自然と一体の感覚です。

小鳥の声と水の流れる音が

ずっとしていました。

 

 朝は8:20から朝のプログラム。

ヨガの日や身体を深く感じる体操やお散歩。

これが1時間以上あります。ヨガの日は

徒歩20分のところにある宿泊者専用の

木と人カフェの2Fホールで行われます。

この日の宿泊者は10名くらい。

朝から運動量多めです。

戻って10:30から朝食。

 

 そこから自由時間ですが、私は

この木と人カフェがいたく気に入って

しまったのでまたここに歩いて行きました。

 

 途中プライベートリバーに寄り

(どこのプライベートかわからないけど)

ここが素晴らしい場所でした。

Img_4839

空気がひんやり。

 

 2日目はここからカフェまで森を通って

行こうと。20分くらいと言われていたので

楽々だろうと思っていたら...

森を甘く見てはいけないのでした!

しっかり迷いました。家の方にも

横浜市民の森とかありますが、中は

表示があちこちに出ているし、聞く人も

います。ここの森は表示なんてないし、

獣道で薄暗い。「ギャー」なんて

鳴き声も聞こえます。ヒー

 

 ちょうど一緒に行った人がいたので

良かったですが(2人で励まし合えたので)

20分どころか1時間以上かかりました。

なのでここは写真なし。そんな余裕は

ありません...

 

 汗だくで木と人カフェに着いたら、

「さっき森にいましたねー」なんて

声を掛けられましたが、必死で人が

いた事にも気づかなかった💦

 

木と人カフェ。

Img_4793

Img_4794

Img_4808

Img_4797

このハンモックでずっとゆらゆらしてました。

 

 

 続きます。

 

 

| | コメント (0)

明日香へ

 

 吉野から飛鳥へ。

最初に行った石舞台は

宿泊先の目の前からバスで15分。

アクセスバッチリでした。

 

Img_4517

このサイズ感です。

 

Img_4519 

そして中へ。

内部は異国感あります。

 

 

光のタスキ掛けです。

Img_4541_20230416211201

Img_4532

石舞台から歩いて岡寺へ。

坂を上った所にあります。

石楠花が満開でした!

 

奥の院へ続く道。沢山の石楠花が導いてくれました。

Img_4533

Img_4531

Img_4526

別名花寺とも呼ばれる美しいお寺。

 

 この日は帰るので新幹線の時間があり、

道を間違えられない(時間がなくなる)という

プレッシャーを感じながら橘寺へ。

こちらは聖徳太子がご本尊です。

有名なお花の天井画を見られて満足です。

Img_4536

のどかなお庭です。

Img_4538

 

 帰りのバスに無事乗れて帰途へ。

 

明日香、いいところでした~

広々していて心がゆったりします。

また今度は時間をかけて廻りたいです。

 

 旅はいいですね。

日常と違う気分を味わえるし、

どこをどう廻るか、それに廻っている

時も直観が必要だったりして、意外と

集中するのです。

何だか、旅スイッチが入った気がして

今年は行ける機会があれば積極的に

旅に出たいと思いました。

 

吉野明日香の旅の記事にお付き合い頂き

ありがとうございました!

 

| | コメント (0)

吉野の旅

 

 吉野の桜に憧れて

初めて行って来ました。結果、

今年の桜が早過ぎて

ほぼ終わっていました~

 

 でも、桜直後の新緑は輝き、

八重桜、石楠花も美しく。

思っていたのとは違う吉野を体験できました。

 

Img_4470

最初に行った橿原神宮。

その中にある池。いきなり素晴らしい場所でした。

 

Img_4488

Img_4466

神社ではよくこういう光が写ります。

 

Img_4491

これは吉野かな?

写真が多くてわからなくなります。

とにかくいいお天気。

桜が咲いていたとしても吉野山を歩くには

雨は大変なので晴れたのは良かったです。

 

Img_4493

ここからが一目千本。

緑の眺めでした~

 

Img_4453

Img_4496

Img_4495

娘登場。

 

ここまででも上りがありながら

だいぶ歩きましたが、奥千本にはまだ

桜があると聞いて、行く事に。

バスでですが(笑)

 

Img_4511

 

 奥千本は桜がハラハラと舞い、

さすが空気が違いました。そして、

ここから500m(上り坂)の西行庵を

目指す事に。体力にはあまり自信が

なかったのですが、この頃やっている

体術講座で習った呼吸法で歩いたら

そんなに大変でなく、娘(元気)に

付いて行けました!夜も大丈夫。

Img_4506

中に西行様がいらっしゃいます。

ここには虹色の光が出ています。

空気感の違うところで写真を撮ると

写るんですよね。

Img_4503

奥千本の桜。

よくわからないと思いますが、上から

桜を見るんです。最初白いのが

桜とわかりませんでした。

 

 憧れの吉野は本当に素晴らしい

ところでした。一生ものの旅と

思って娘を誘いましたが、もう1度

桜が咲いている時に来たいです。

紅葉もいいでしょうね。

Img_4513

緑を前にしたカフェも気持ちいいです。

 

 そして翌日は明日香へ。

ここも素晴らしかった!

続きます。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧