ライアー

アウリス53弦試奏


 アウリス53弦が来ました。試奏をどうぞ!と

いうご連絡を頂き、リラ・コスモスと生徒さんで

行って来ましたnote

Simg_8123


 早速調弦。下にはお預かりのゲルトナーも。

Simg_8124_3


 53弦。これは漆塗りなんです。

すごくいい色でした。

大きさ的に大きいけれど、下が丸いので

膝の上で収まりはいいです。

Simg_8125


 小柄な発地さんが持ってこんな感じ。

発地さんがいつも持ってるホフシュテッターと

あまり変わらない?か少し大きいくらいかな。

↓、左が発地さん。

Simg_7669

 

 音は・・・アウリスの音でした~heart04

大きくても自然で、無理のない音。

アウリスの音って清涼感があると

思うんですが、この大きさでもそれが

感じられます。

 

 そしてなんといってもアウリスの

大きな魅力。いつまでも弾いていたく

なる楽器でしたnotes最初は「どうぞ

どうぞ」と遠慮気味でしたが、2人で

次から次へと弾いてしまいました。

もっと弾きたくなるheart

 

 広い場所で弾いたらどんな風に

響くのかな、ホフやヨエックスと合わせたら

どれくらいのバランスなのかな、と

気になること色々・・・・

Simg_8126

 

 近々、遠くの方へ試奏のために

持って行かれるそうなので、どこかで

落ち着き先が決まるかもですねwink

 

 また弾いてみたいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大事なことは心地よさ

Simg_8113_2


 今日はサロンコンサートでした。

楽しい写真もあるのですけれど、

クローズドなのでこれくらいで・・・wink

 

 少人数で、私は初めての方が多かった

けれど、こちらのサロンの常連さんばかり

なので寛いだ空気が最初から流れて

いました。

 

 その雰囲気のおかげか、久しぶりの

ソロ演奏だったけれど、のびのびと

弾けて気持ち良かったですhappy01

 

 ライアーの演奏は40分くらいで、

その後は瞑想のバックで弾くこと15分。

瞑想も最初は「グラウディング」から

始まり、次に「癒し」。曲はそれに

合わせて相談して、本番では少し

即興も入れてみました。

 

 いつも演奏の後、密かに自分への

点数をつけているのですがcoldsweats01

多少のミスがあっても気持ちよく弾けると

いうのが大事なのです。逆にいうと

たとえノーミスでも心地よくなければ

あまりいい点数(演奏)にはならないsign05

 

 今日は特に、自分が毎夜、自分の

だめに心地よく弾いているライアーを

聴いて頂きたいと思ったのでhappy01

 

 久しぶりのソロだったので、曲的

には安全策というか、ずっと昔から

弾き続けいている曲を多く弾きました。

でも、最近またいろいろなのを弾いて

いるので、そういうのも聴いて頂けると

いいな、と思っていますheart

 

 楽器も今日はヨエックスアルトで、

深い癒しの響きでしたが、キラキラ

マリーの音もまたぜひshine

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーを通してやりたいことは

Simg_7985


 心が静まるようなブルーでした。

 

 この前の記事で、コンサートの曲を選ぶ時の事を

書きました。その場所をイメージして弾いていると

決まって来るというお話です。

 

 思い出してみると、ピアノを弾いていた時は

決してこういう選び方をしなかったです。

いつも次回はレベルアップという気持ちがありました。

それは普通の事とも言えますし、ピアノでも

そういう考え方でない方もいると思います。

 

 この前ライアーを弾く人と、どういう曲をライアー

で弾きたいか、という話になりました。その人は

「ライアーの音が光に変わるような曲」という

ような事を言いました。(本当はもっとぴったりで

素敵な表現だったのですが、後で2人とも

その表現を忘れてしまったのですsweat01

 

 その時「それそれsign01」と思って。

 

 ライアーの音では美しく弾けますが、

まあ特にライアーで弾かなくても

他の楽器でもいいのでは、という曲もあります。

色々な曲があるなか、あの響きがより生かせる

ような曲に惹かれます。生き生きと音が輝いて

来るようなshine

そして、場所を思い浮かべれば、自然と

曲がやって来るのです。

 

 楽器にもよると思います。ソプラノなら

きらきらとした天上の雰囲気を持つ曲。

アルトなら深い癒しの響きを持つ曲。

きらきらと表現しましたが、「光に変わる曲」

は、遥か遠い昔の曲にもそれは感じます。

 

 そしてこういう曲がうまく流れ出る事が

出来た時にその場所は、その時間

特別な空間になります。

 

 

 

 自分がやりたいのはこういう事で、

それをライアーを通して行っている、と

この頃は感じているのです。

 

 ライアーはヒーリングをやっている方や

スピリチュアルな方が興味を持つことが

多いようですが、きっとこういう事を感じるから

なのかなーと思っています。

 

 空間と音とそこにいる人(自分も含めて)

が一体となることが・・・できるのかなあ、

と。

 

 書きたい事を表現するのもなかなか

難しいのですが・・・今日はこの辺でnote

もしかしたら続きを書くかもしれませんwink

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大磯ワークショップありがとうございました!

Simg_8011


1/26、チェチリア工房さんでのワークショップは

和やかに終了しました。

 こちらの工房での製作講座で作られた方6名と

その他に数名のお申込みがあったのですが、

時節柄インフルエンザや当日も体調を崩された方も

いらして、それでも8名の方が参加して下さいました。

私たちを入れて10名。ちょうどいい感じでしたhappy01

 

 2時間半の予定で開始。まず私たちで

全員分の調弦を最初にしてしまったのですが

(その後調弦のやり方を説明しました)、

新しい楽器はどうしても安定しなかったり、

ピンが固かったり。想定内ではありましたが、

時間がかかりました。弾いていくうちには

ピンも廻しやすくなっていくと思います。

 

 そしてお1人づつ自己紹介。皆さんが

わくわくしていらっしゃる感じが伝わって

来ましたheart

 

 この日のレポートをチェチリア工房さんが

ブログに書いて下さいましたので、

よろしければこちらをお読みください。

 

 チェチリア工房さんのブログ→こちら

 

 リラコスモスのライアー愛が伝わるように

書いて頂けて感激ですheart04またご縁が

続いていくと嬉しいですnotes

Simg_8001


 ヘーエンベルクキンダーハープ。これはこちらから

持って行った楽器。デモンストレーション演奏も。

Simg_8010

 暖炉をバックに演奏。

Simg_8015

 終了後、記念撮影。

楽器はしまってしまったので、私がヘーエンベルクを

発地さんは羊毛ケースを持って。(変?happy01

 

 この日は空がすごかったのです。

Simg_7996


 こんな雲が次々と流れて行きました。美しい

富士山も車から見えました。撮れなくて残念sign01

 

 遠くからご参加の方もいらっしゃいました。

またご縁があり、お目にかかれると嬉しいですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019前半の予定は

Simg_7598


 今年の予定がだんだんわかって来ました。

毎年自然の流れを見ていきます。ここ数年、

演奏を聴いてくださった方からのご紹介やHPからの

お問い合わせ、などご依頼をいただくことが多く

なりました。今年もその流れで今のところ、

クローズドのコンサートが多いです。

 

 2月はサロンでのクローズドコンサート、

3月は今調整中ですが病院からご依頼が

来ています。これも最初は誰でも聴ける

ロビーコンサートというお話でしたが、見に

行ったらすごく立派で広くて天井も吹き抜け

で、「これではライアーは聞こえないsign01」という

事になり、病院内の小さな場所で聴いて

頂けるように調整して頂いています。この

方がライアーらしく聴けると思いますhappy01

 

 4月はちょっと頑張ってソロコンサートの

予定。鎌倉のカフェです。

また、横浜市内のシニアグループの方たち

からご依頼。これはクローズドです。

5月6月もクローズドが入って来ています。

 

 という感じなので、今年前半は一般の

方向けは今のところ、4月の私のソロコンサー

トだけという予定です。

 

 それから生徒さんの発表会も考えて

いますheart

 

 秋には俣野別邸お月見コンサートが

来ていて、これは一般の方向けです。

その他には自分たちでやりたいなーと

いうのもあるので、実現できるといいな、

と思っていますheart04

 

 わくわくの2019年の始まりですnote

Simg_5882

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

Simg_7747_3

 今年のお正月はいいお天気でした。

吸い込まれそうなブルー。こんな気持ちのいい

1年になるといいですね。

 

 昨年からそのまま引き続き年が明けた

感じで今日にいたっています。まあ本当に

そのまま引き続いているわけですけれどhappy01

 

 でももう今年のことを考えて行かなければ

なりません。先ほどは7月に行う会のための

場所の抽選を出しました。すでに半年前

なんですね。

 

 それから今月は前にもお知らせしました

「初心者方のための講座」も大磯チェチリア

工房で行います。1/26です。

こちらのページをどうぞ。

 

 前にこちらの工房の製作講座でライアーを

作られた方のために企画しましたが、

初心者の方で最初からもう1度調弦や

構え方などおさらいしたい方もどうぞ

お問い合わせくださいnotes

 

 そして来月はクローズドなのですが、

ソロでサロンコンサートがあり、

瞑想や朗読をする方とのコロボもあり、

選曲や構成をあれこれ思案中ですheart

いつも真冬は何もない事が多いけれど

今年はいろいろありますので。

 

 そんな中来週はちょっとお出かけ。

息抜きをして来ますclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もありがとうございました

 新しい年まであと3時間弱。

今年のまとめもできませんがsweat01大変

お世話になりました。

 

 HPも2018年のコンサートの写真など

まとめたいと思っています。インスタで

もしかして動画をあげるかもしれません。

 

 今年はライアーを始める方も多く、

ライアーの魅力がわかる方が

増えました。

Simg_7690


 生徒さんの楽器シリーズ。

ソプラノから始めて、アルトの音が好きで

新しくアルトを買った人の楽器。ヨエックス42弦

ソロアルト(下)先日初めて持って来られました。

それまでアウリスだったので、大きさに少し

とまどっているようですが、アルトを弾くのに

色々な事に気をつかう方なので合っていると

思いますので、少しづつ慣れていってくださいねwink

Simg_7691


 こちらは小学生の生徒さんが自分(とお母さん)

とで作ったアウリス。今までお母さんと2人で1台

使っていましたが、自分の楽器が出来ましたsign01

始めた時は小2でしたが、もう次の春には5年生。

これからはお家でもお母さんと2人でお家で

弾けますねheart

 

 そしてもう1組親子ペアさんも誕生しました。

それから今新しいザーレムソプラノの到着を

今か今かと待っている方もいます。

 ライアーを楽しんでくださる方が増えて

本当にそれが嬉しいですshine

 来年はまた発表会を予定していますnotes

 

 今年最後の記事になりました。

もうすぐ2019年。来年もどうぞよろしくお願い

いたしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーの響きの空間が残る~木内ギャラリー

Img_7654


クリスマスまでもう少しxmas

今年はイブの日がコンサートで、今年の

締めくくりとなります。木内ギャラリーは

とても静かな洋館。木々に囲まれるように

建っています。

 

 ここ何年かこちらでクリスマスに弾かせて

頂いています。クリスマスなので、曲が同じように

なりがちですが、なるべく色々な曲を選んで

います。続けて聴き来てくださる方も

いますのでwink

 

 今年は「クリスマスのおはなし」を読んで

頂きながら、その中にキャロルを入れて

演奏します。だいぶ前に一度だけこういう

感じでやった事があります。

 

 本屋さんのクリスマスのコーナーに

イエス様のお誕生の絵本がありますが、

やはり読むところが長いので、自分たち

で話の筋だけ考えてみましたaries

 

 演奏するキャロルは

○小さいひつじがねむるとき

○マリアは森をいく

○高き天より

○かいばおけの幼子イエス

○イエスさまがお生まれになった

○牧人ひつじを

○光る星にみちびかれて

○さやかに星はきらめき

 クリスマスの雰囲気になるかなxmasxmas

 

 木内ギャラリーでライアーを弾くと

いいところは、最初から終わった後まで

静かなので、ライアーが創る特別の

空間が残しておける事。

 

 普通の場所は最初にざわざわ感が

あり、ライアーを弾くことで皆さんが

耳を傾けて音の世界に入って行き、

終わった後はまた元の場所に戻ります。

また他の楽器の方とやる時はやはり

ライアーの空間は次が始まる前に

消えます。

 

 それはそれで、ライアーの音で生まれる

空間を刹那的に感じて頂けますnotes

この空間を感じていただく事がライアー

コンサートの一番の魅力であり大切な

事なのです。

 

 この木内ギャラリーは終わった後も

ライアーの気配が残っているように

感じるのです。こんな場所は稀有だな~と。

 

 静かな代わりに市川駅からは

離れていますが、ここのところお問い合わせ

や参加申し込みの連絡が多くなって来て

います。

今年の最後のライアー時空間をご一緒

出来る方たちと・・・・・shineshine

お待ちしていますconfident

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽器購入の前に

 この頃、HPやブログからお問い合わせを頂く

事が本当に多くなりました。ライアーに興味を

持つ方が増えてきたのは嬉しいことですheart01

 

 「ライアーを始めてみたいのですが」と

いうお問い合わせがやはり多いですが、

「レッスンの前に楽器を用意しなくては」と

思われる方もいらして、ご自分で

調べて購入してから連絡してくる方も

います。

 

 ライアーは一般にはまだあまり知られて

いないので、ほとんどの方が相談できる人が

周りにいないですよね。なのでネットからの

情報になります。

 

 本当はレッスンを始めたいと

いうお問い合わせと一緒に楽器購入の

ご相談もして頂くのがベストです。

というのは、ご自分で購入した楽器が

ご希望と違う事がわりとあるからです。

 

 最近のケースですが、ライアーを数年前

に知り,「弾いてみたい」と憧れていた方。

決心がつき、楽器制作講座へ申込み、

作りました。ご希望は「いつも何度でも」が

弾きたいsign01 それを製作講座の

主催者にちゃんと伝えて「これなら弾けます」

という事で作ったそうなのですが・・・・

ダイアトニックに調弦できない楽器でした。

この楽器は即興用だったんですね。

 

 それをお伝えしたら、すごくショックを受け

られてweep 「即興をやってみたらどうですか」

と言ったのですが「いいえ、私は曲が

弾きたいのです」と。それでヘーエンベルク

キンダーハープ9弦を出してお見せしました。

9弦しかないけれど、「いつも何度でも」が

弾けますので。他にもふるさとやきらきら星、

いろいろ弾けますnote

ファとドの♯を曲により、つけたり落としたり

することで弾ける曲が増えます。

 

 キンダーハープでもペンタトニックのもの、

ダイアトニックのもの、また弦の数も色々

です。、

 

 ライアーでこういう事をやりたい、弾きたい

というご希望は皆それぞれで、それには

音楽的な知識も多少必要ですので、

どうぞお1人のみで判断されずに、ご相談

くださいheart

 

 上の方は新たにヘーエンベルクを購入して

童謡などから弾いていきます。ご希望

通りになれてよかったですhappy01

 

 リラ・コスモスはゲルトナー、ヨエックス、

コロイ、アウリス、キンダーハープ他、

またソプラノ、アルトの楽器がありますので、

体験してから考えられますよ。(ザーレムも

あればよかったんですけれどねthink

 

 前からこの事をお願いしたいと思って

いましたが、ニーズに合わない楽器を

購入されるとお気の毒なので、書かせて

頂きました。

 

 そして楽器購入は決して焦ったり

急いだりしないでくださいねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーの手は仏様の手

 先日の奈良で大発見がありました。

Simg_7580


 大仏様の「手」を見てくださいsign01

ライアーを弾こうとしているようです。

 

 まだあまりライアーの弾き方をご存じない方

のために・・・

ライアーは指の腹をたっぷり使って弾きます。

指先で弾かないので手は丸くならないのです。

ピアノは手が丸い方が「良い手」ですね。

ライアーは指の腹を弦につけます。

Simg_7581


 こちらは薬師如来像。こちらの方がさらに

ライアーを弾く手に近いかも。

 

 仏様の「手」について少し調べてみました。

仏様によっていろいろな手の形をしていますが、

「印相」といい、メッセージなのだそうです。

 

 上の仏様のように手のひらを挙げて

こちらに向けているのは「施無畏印」といって、

「畏れを取り去る」意味だそう。畏れを取り去るは

緊張を和らげるという事にもつながります。

ライアーを弾く手がそういう意味を持つ

仏様の手に似ている、という事にちょっと

びっくりwobbly

 

 どこまで奥が深いのでしょう<ライアー

 

 これからは、この仏様の写真を見せるのが

いいかもしれませんねwink

 

 ライアーを弾く手が、畏れを取り去って

下さる仏様の手に似ていた・・・・という

発見でしたheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧