ライアー

お世話になっている方

 今日はリラ・コスモスがずっとお世話になっている

Fさんとランチrestaurant 食後にこんなすごいデザートまで

食べちゃいました。

Simg_3956

 2009年。この年は色々な事がありました。リラ・コスモス

結成、1stCD月夜琴リリース・・・

Fさんとはこの年に具体的にいつ何のきっかけで、と

言ってもよくわからないほど、いくつかの線が繋がっての

出会いでした。なんだか出会う事は決まっていたような

気がします。

 

 グリーンスポットで2か月に1度コンサートをしていた時

から、よく聴きに来てくださいました。衣装のスカートも

縫って頂いているんです。3枚くらいお揃いでheart04 今も

夏のドレスを作って下さってるそうです。もうどれだけ

お世話になっている事かconfident

 

 Fさんは昭和1ケタのお生まれなんです。すごいお元気で

今も皆さんに喜ばれて御自分も大好きなお仕事をされて

いて超御多忙です。東京からの帰りが終電近くになる

事もあるそうですwobbly

 戦争の時代を生きていらしゃるので、ご苦労もされていて

お話に説得力があり、それからびっくりするような事ばかり。

 

 ライアーを「今の時代に本当に必要な音」と言ってくださり、

私たちもFさんが見守ってくださっていると思うとすごく安心

できます。朗らかで一緒にいると明るい気持ちになれますshine

こんな素敵な方と出会えた事に感謝しています。

 「たくさんの方にライアーを聴いて頂けるといいわね。本当に

必要な音だから」というFさんの気持ちに応えるためにも

頑張って弾いていきますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーとお花見!そして奇跡が

 今年は最後にさむーい日があり、桜も足踏み

しましたが、やっと春本番へcherryblossom 先週から延期した

お花見へ行きました。

 

 今年は神社のお手伝いをしている方に

源氏山公園にある神社へ連れて行って頂き、

ライアーも持って行きました。

 桜は8分咲きくらい。 でもライアーの撮影

スポット探しに見るのは下ばかり。

S17


 一緒に行った方のアウリスと私のゲルトナー。

神社の裏庭に用意されたかのような場所がshine

S7


shineshineshine

 

 ライアーは気持ちよさそうですが、こちらは斜面を1人が

先に上り、下からの楽器を手を伸ばして受け取ったり、

滑りそうになったりしますsweat01 2人で何とか頑張りました。

楽器に何かあったら大変ですので、戸外撮影は

お気をつけください。

直射日光も良くないです。

 

 そうしたら、また奇跡に出会ったのですhappy01

一緒に行った方が知り合いの方に会って、話をして

いたのですが、その方はカメラマンで、ライアーの事を

紹介した後に家までカメラを取りに帰って下さり、

こんな素敵な場所でライアーの写真を撮って下さった

のですheart04 

 

 ちょっと見ただけで私の写真とは全然違うsign01

CDRに焼いて下さるそうで、楽しみですhappy01

S11


 お気に入りの写真です。

 

 少しだけライアーも弾きました。

いつもは空間の中で出来るだけ響かせられるように・・・

そう思って弾いていますが、この日は外。花や草や木や

鳥たちに聴いてもらって、音も自然の中に溶けてゆくだけ。

何にも考えずに弾けて気持ち良かったnotes

 

 プレゼントのような日でした。

神社をご紹介下さったWさん、本当にありがとう

ございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽器を選ぶ時に

 コンサートへ来る方の中にはちょうどライアーの

購入を考えていて、音や実物を見たいという方も

いらっしゃるようです。

 

 楽器選びは本当に大切なので、可能ならば

実際の音を聴く事と楽器そのものを実際に見る事

をおすすめいたします。おおげさに言うと

楽器との出会いがその後のライアー人生を左右する

からです。

 

 ライアーと一言で言っても色々あります。ライアー

とは元々は「リラ」という竪琴を意味する言葉です。

一番最初のライアー(リラ)は亀の甲羅に弦を貼った

ものでした。その後、時代は変わり、現在の楽器は

しっかりした木に塗装を施し、弦も金属です。

 

 でもそういう中でも色々あるのです。とても

シンプルで楽器としてというより、工芸作品としての

もの。これもライアーと呼ばれているかもしれません。

もちろんこれが悪いという事ではないです。それは

それでお役割があります。

 

 

 今ウイキペディアを見ると、リュラ、リラなどとも

呼ばれていたライアーの歴史の事から、「20世前半

に、音楽家であり、治療教育者であったエドモンド・

プラハトEdmund Pracht によって生み出された新たな

もの」という現代のライアーの事も書いてあり

ます。

 

 

 なにせ新しい楽器なので、さまざまな見解もあるか

と思いますが、私が弾いているのは↑に書いてある

楽器の事で、本当に美しく素晴らしい音色と

響きを持っています。何か特別な輝きが楽器から

発せられているように感じます。

 

 

 でも、もちろん他の楽器には他のいい所もあると

思います。手に入れやすかったりというのが大切に

感じる場合もあるでしょう。

 

 

 ただ、選ぶ時に楽器から発せられるものが自分と

共鳴するか、そこは重要じゃないかと思うんです。

波動といえばいいのかな。

この世に存在する美しいライアーという楽器・・・・・

自分は出会えてその美しさ、音色も楽器そのものにも・・・・

に感動したので、同じように共鳴できる方には出会って

いただきたいですhappy01

 

 

 ライアーは特に身体を密着させて、振動を感じ

ながら弾く楽器だから、自分と合うかどうかが

大切です。もし迷っているなら、相談してくださいねwink

本当のことを言うと、買ってしまってから「やはり

どうしても・・・」と買い直す方も結構いらっしゃるの

です。相棒のようになる楽器です。我慢は

出来ないのかもしれないですね。

 

 ライアーは自分の中の一番素敵なところと共鳴

する楽器。本当に自分の本質と合う楽器と

出会えた時に自分の中の最高のものとつながる

ことが出来る・・・そう思いますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァイヴァルディ冬

Simg_3777


 週末雪のある所へ行ってきました。写真は行く途中で、

晴れていますが、現地は大雪で時折吹雪いていました。

家の辺りは雪はたま~に降っても全然積もらないので、

もう雪は見に行くものとなっていますsnow 毎日降り続くと

大変でしょうけれど、1年に数回くらいは見たいですconfident

 Simg_3784


 これは真夜中。全然わからないけど吹雪いてます。

 

 

 ヴィヴァルディ「四季」の中の冬という曲。この冬

初めて弾きました。前から良さそうだなあと思って

いましたが、やはりとてもライアーに合います。

弾いている方も多いですよねwink

 

 しんしんと降る一面雪景色を想像させるような

静かな静かな世界・・・・・・・・・・・

ライアーは内面の中へと入って行く音を持つ

ので合うのでしょうね。

 

 この曲は私たちはアルト2台で弾いています。

アルトの低く落ち着いた音色が、空間を

包み込んでくれるようです。

 

 ライアーは特に季節ごとの曲を弾くと良い

です。そろそろ今年も春メドレーの練習を

始めます。

どこかで春が~春がきた~さくらさくら~朧月夜

春先に必ず弾きたい曲ですnotes

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アウリス35弦仲間入り

Smy_auris


 昨日、近々なんて書いたアウリスが今朝着きました~sign01

はやーいwobbly 在庫があれば早いのですね。ない場合は

少々待つこともありますwink

 

 すぐに取り出し調弦してから、まずは1曲note

こういう時はいつもオカロランのSheebeg Sheemore。

テンションが上がっているので、あまりゆったりの曲は

弾けませんhappy01

 

 家にある楽器は皆ホールから音が出て来ますが、

アウリスは1枚板なので、木全体が響き、鳴る感じなん

ですね。それが気持ちいいですshine

 

 それから記念写真?

生まれたての赤ちゃんのイメージで白いシルクで

包んでみました。

これから家のライアーの一員として、よろしくねheart04

 

 本当にライアーの事はすぐかなってしまうんですshine

それもさらに展開が速くなっているようで・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またアウリスが・・・来る!

Simg_3176


 これは昨年行った旭川の雪の美術館。素敵でしたsnow

 

 新年から色々な動きがあり、家にも新しいライアーが来る

ことになりました。そのライアーは・・・・

 

 アウリスですnote

 昔から素朴だけれど良く響くアウリスは気になって

いました。それと、いつの間にか家にあるライアーは

大きいものばかりになっていたのです。ライアーを

始めた頃から弾いているゲルトナーソプラノは別として、

演奏をしていくうちに「なるべく遠くまで聞こえやすい

もの」を求めていったようです。

 

 この頃、ちょっとお出かけに持って行きたい時に

持ちやすいライアーがあるといいな、と思って

いました。森や公園とかで弾けたら素敵ですshine

疲れている時にも軽くて弾きやすそうです。

 

 という事でまたも流れもあり、近々家のライアーと

して迎える事になりましたnotes

初めての方が体験にみえても、持ちやすいです。

大きい楽器はやはり重いですから。

 

 ライアーの体験も自宅で行っておりますので、

ご連絡くださいhappy01

ゲルトナーソプラノ、ヨエックスアルト、マリーソプラノ、

コロイソロソプラノ、アウリス、みんなお試してみて

下さいheart04

 

 そういえば、今年も2月にトライアングルさんが

アウリス制作講座をされるそうですよ。

          ↓

 トライアングルさんのブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーがたくさん響く年になるように

Simg_3681

 あけましておめでとうございます。

今年の初日の出。毎年ベランダから撮っていますshine

 

 年末に書いた通り、今年はお正月返上です。帰省も

私だけ日帰りにしました。発地さんは帰省先にライアーを

持っていってるらしいです。

 

 1人静かにライアーに集中出来て幸せなお正月とも

言えるかもしれません。

弾いているのは「美しの里」シリーズの曲です。この数年

弾いている曲ですが、ライアーにとても良く合って。

この曲に出会えた事は奇跡だと思っていますnotes

Simg_1574

 美しの里は、画家葉祥明さんの絵をイメージして、

作られた曲です。↑のジャケットと楽譜の表紙の

絵は葉祥明さんです。

 

 美しの里に関しては、色々な流れがあるので、

また改めて書きたいと思います。

絵も音楽も美しく素晴らしく、こんな曲をライアーで

弾けて幸せな1年の始まりですclover

 

 今年はもっともっと、リラ・コスモスのライアーを

聴いて頂きたいと思っています。

大きな夢へ向けて、丁寧に一歩づつ歩んで行きます。

 

 今年もどうぞよろしくお願いいたしますheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始も

Simg_2547


 このプロフィールの写真、フォルダの中で行方不明に

なり、ずっと探してたけど見つかりましたsign01

写真の整理も大変ですねwobbly

 

 今日は一仕事終えて、後は本当にクリスマス

コンサートを残すのみです。今年の秋は、コンサート

がいい具合に間が空いて入り、例年より楽

でしたが、ここへ来て忙しくなって来ました。

 

 いつもは秋からクリスマスまでドーッと来て、

冬が少しのんびりというパターンが多いのですが、

今年は冬から春にかけて、色々入って来てるので

クリスマスが終わったら、即次の準備に入ります。

特に12月と1月の間というのは大きく違うのです。

12月はクリスマス曲だけど、1月は全く曲が変わります

ので。

 

 1月の「ライアーにふれる会」はレクチャーコン

サートで、初めての方向けの資料も作成します。

ここでは、ライアーの出来た背景をご紹介

しながら、ライアーのための作曲家、コリン・

タンサーやキュンストラーの曲も弾いてみたいと

考えています。

 

 そして、2月の最初と3月に美術館でのコンサートが

入りそうで、ここはまた違うコンセプトの所なので・・・

とにかくたくさんの曲が弾けそうですnotes

 

 そして、クリスマスコンサートが終わった後の年の瀬

にプロフィール写真を新しく撮影します。プロフィール

写真てなかなか難しいです。スタジオさんでは、演奏

のプロフィールというと、とにかく華やかにと思われる

ようでcoldsweats01 髪型とかも出来上がってみると「おおーっ」

というように華やかになっちゃってますflair

大きな舞台ですごいドレスを着て弾いているわけでは

ないので、なるべく自然な感じで撮って頂ければ、と

思っています。おまかせするだけではなく、こちらから

ちゃんと伝える事も重要ですねhappy01

 

 先日はコンサート用のスカートをお揃いで作りに

行き、お揃いのブラウスも買いましたheart04こういうのは

忙しくても楽しいですshine

 

 それから、進行中の事がいよいよ大詰めを迎えそうで、

1月は今年は早くから始動する事になりそうです。

 

 でも、今はクリスマスコンサートに集中ですxmas

今年はいっぱい弾きますので、お楽しみに聴きに

来て下さいwink

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒さんの楽器ゲルトナー

生徒さんの楽器シリーズの続きです。

S


 ゲルトナーアルトです。光沢のあるゲルトナー。

初めて見た時、天使の楽器shineに見えました。音もすごく

華やかでshineshine 自分の中でゲルトナーは重厚なイメージが

あったので、こういうのもあるのか、と再発見でした。

 

 ゲルトナーは響きがとても多いです。だけど、響きの中で

音があいまいにならない。この楽器は華やかさも兼ね備えて

いて、稀有な楽器ではないかと思いますwink

S_2


 こちらはゲルトナーソプラノ。この方はゲルトナーのソプラノと

アルトと両方お持ちなのです。ソプラノもいい楽器ですheart04

 

 とても良く練習される方なので、楽器たちも喜んでいる事

でしょう。

七里ヶ浜高校講座ではアルトデビューもされましたwink

来年もどんどん弾いてくださいねnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さやかに星はきらめき

S2016_2


 今年のランドマークのクリスマスツリー🎄

 

 ここへ来て、なんだかとても忙しいです。コンサートは

後1つですけれど、色々色々と、動くことがあり、発地

さんと頻繁に会っています。

 

 もちろん25日のクリスマスコンサートの練習が多い

のですが、少しプログラムを予定から変えてみましたnote

その中で一番大きなのは「さやかに星はきらめき」を

プログラムに入れることかな。

 

 「O Holy Night」、日本題で「さやかに星はきらめき」。

ライアーで人気の曲ですねwink 前から弾きたかったの

ですが、クリスマスシーズンは短いので、毎年楽譜の

事を考えているうちにシーズンが過ぎていきましたdash

 

 今年は発地さんがアレンジして、楽譜を作ってくれました。

私たちですから歌は入らず、ライアーのみの演奏ですwink

 

 本当に美しい曲ですshine

この曲には思い出があります。娘の幼稚園では、

クリスマスペイジェントの劇を毎年やる事になって

いました。

幼稚園の子たちが頑張って、長いセリフを覚えて、

舞台の上で父兄や先生たちたくさんの観客の前で

お芝居をしたのです。練習もいっぱいして、当日の

上演前から、観客席の家族たちが緊張と感激で

涙ぐみ・・・weep  子どもたちはのびのびと楽しそう

に演じていました。

 

 セリフもいっぱいあり、途中で歌も歌ったり、場転も

何度もある本当に幼稚園の子には大変な舞台なの

です。歌も7,8曲は歌ったと思いますが、そのピアノ

伴奏をやらせて頂きました。最後の方で合唱した

「さやかに星はきらめき」の美しい旋律に鳥肌が

立ったほどです。

 

 想像してみて下さい。あの旋律を子どもたちが

一生懸命歌っている姿を・・・shineshineshine

 

 そして、今ライアーでまたこの曲を弾けるなんてsign01

娘の初舞台?で伴奏できたことも、それから今度は

ライアーでこの美しい曲が弾けることも、なんて幸せ

な事でしょうheart04

 

 といっても調を変更する事になり、その楽譜が

まだ出来ていないので、これからの練習で間に合うか、

というところですが、出来れば弾きたいと思っています。

だって、そうしないとまた来年まで弾けませんからconfident

 

 今年も年末ぎりぎりまで忙しそうです。もうずっとそう

なので、年越し準備は・・・まあなんとかなるかなcoldsweats01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧