ライアー

練習→録音→練習

S20170824_img_4373



 夏もお終いですね。

 

 秋冬の練習を始めています。楽譜をコンサート別に

ファイルに分けていますが、同じ曲はコピーするので、

また同じ楽譜がどんどん増えていきますcoldsweats01

 

 とりあえず10/6のお月見コンサート中心に始めて

いますが、その後今後弾きそうなのも色々弾いては

録音して、家で聴く、感じです。録音したものを聴く

のが客観的に聴けていいです。メロディーの中で

不用意に音が飛び出ないように気をつけています

ので、それがチェック出来ます。

 

 お月見コンサートは最初アイリッシュ系の曲。

久々のSheebegSheemoreから始めて、グリーン

スリーブス、埴生の宿。埴生の宿はコンサートで

弾くとやはり特別。心に届きやすい曲ですnotes

 

 後は月、星に関係する曲ですが、お客様が

ライアーを初めて聴く恐らく年配の方が多い

と思いますので、月の砂漠、里の秋、お月さま

など。そして、館長さまからリクエスト頂いている

ジュピターも。

 

 

 その他は今後候補になりそうな曲を次から

次へと。

you raise me up、アンドレギャニオンの明日、

サティお前が欲しい、アメージンググレース。

シューベルトのアヴェ・マリア。

フォーレのピエ・イエスもいいなあ。

クリスマスがあるのでwinkxmas

 

 

 あっという間に時間が経ちます。

それを後で聴くのも。でも聴くのも楽しみ

なんです。そして、また次の練習へ。

今回は生徒さんとの合同の合わせも

あります。

秋冬もライアー三昧ですnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷いがない時の音

S20170914_img_4730

 先日、二重の虹が出ましたよshine

 

 10/6のお月見コンサートを行う俣野別邸に、

葉書での申込み状況を聞いてみたら、驚いた事に

30名定員の所、100名くらいの応募が来ている

そうですwobbly

締切は9/20ですが、抽選は確実です。

とてもありがたい事ですconfident

皆さまに来て頂ければいいのですが。

夜なので、空いてるかな~と思っていたので、

本当にびっくりです。

 

 それから、10/14の七里ヶ浜高校の県民講座、

こちらも同じく定員30名ですが、予約が増えて

来ています。昨年よりも広い図書室に場所が

変更になりました。しかも今回生徒さんの

演奏者が12~13名くらいいるので、会場は

賑わいそうですhappy01 

ご予約、お問い合わせはリラ・コスモスへどうぞ。

メール送信からお願いします。

 

 この頃感じている事。

ライアー弾く時、迷いがあると音に

顕われるなあ、という事。これってお習字

を思い出すとわかりやすいです。

 

 半紙に向かい、心を静めて・・・筆をつけます

よね。この瞬間や紙に筆がついた後でも、

迷いがあると、どうなるか。その後続けて

書いても「ちょっと曲がっちゃったかなあ」とか

考えてしまうと・・・いい字にならないと、

想像つくと思います。

 

 

 字だと目に見えるから、わかりやすいけど、

音も同じです。弾こうと決めて、心を静め・・・

弦に指が届くまでにも、あれこれ考えてしまうと

スッと行かなくなります。これは絶対音に

顕われますね。

 

 お習字の筆の動かし方も滑らかに進む

のを見ると美しいし、滑らかという事は迷い

がないんですね。

ライアーの手の動きも似ていますねsign01

この前それを思いましたwink

 

 自由に手が動く時は、力も抜けている。

そして、頭の中もすっきりしている気がします。

全てが軽やかで楽々ですshine

ライアーという楽器はどんなに長く弾いても

指に水ぶくれが出来たり、腕を痛めたり

しません。もし、そうなってしまったら、とても

力が入っていて、自由でなくなっているという

事かな。

 

 

 「力を抜く」とだけ言ってもわかりづらい

ですね。

ふにゃふにゃになるわけではなく・・・

そんな時はお習字の上手な人の動きを

思い出してくださいねwink

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gloriagloria

 9月に入りました。秋の気配が・・・どころでは

なく寒いですsign01また、暑さが戻るとは言っている

ようですが、びっくりしました。

 

 この秋は本当に盛りだくさんnote  生徒さんと

ご一緒する機会もいくつかありますhappy01

11月には「ライアーを奏でる会」という発表会的

な事も計画していますが、その時には今年も

全員で「gloriagloroa」を弾きます。10月の

県民講座でも参加予定の生徒さんと予定して

います。

 

 gloroliagloriaはテゼ共同体というフランスにある

男子修道会が公開している讃美歌の中の1曲

です。これをライアーで大人数で弾けるように

発地さんが考えてくれました。昨年も「グロリアを

弾こう」というワークショップを行い、参加者の

皆さんと演奏しました。とても素晴らしい曲なので、

皆さんで集まる時にはいつも弾きたいと思って

います。

 

 この曲はまず、8小節の美しいテーマがあり、

テーマのソロ演奏から始まります。その後、

変奏が13あり、2回目はテーマ+1、3回目は

テーマ+3と4とかいうように、テーマは常に

誰かが演奏しいて、それにだんだんと演奏者

が加わって行きます。回数に決まりはあり

ませんが、いつも10回目まで弾いています。

 

 先日、パート分けも決めて、皆さんにお伝え

しました。〇さんは「休休1,3,5,休,8,8,10.13」という

ような感じです。自分のパートをそれぞれ練習

して、当日は一斉に合わせます。(事前に何回か

集まって練習します)

  合わせて弾くと「こんな風になるのか~」と

わかるのです。この演奏の中に自分が入って

いるというだけで、感動できると思いますheart01

 

 初心者の人はテーマだけでもいいし、それも

大変な人はもっと少ない音でも演奏に加わる

事が可能です。それに、円になって演奏して

いる真ん中が特等席heart04 ここで聴くのが最高に

気持ちいいんです。今年は私も中で聴きた

ーいsign01

 

 ライアーでやりたい事の中に、この

「gloriagloria」を色々な所で聴いて頂いたり、

ライアーを弾く人には演奏もして頂きたいと

いうのがあります。

だって本当に素晴らしいですからshineshine

 

 

 昨年の皆さんの演奏を録音してCDにした

物を編集してmp3にまで出来たのに、

upしようとするとフリーズしちゃうweep せっかく

少しでも雰囲気を聴いて頂きたいのにな~。

 

 書いたこの記事までフリーズすると困る

ので、後でup出来るか再トライしてみますnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大好きなO'Carolan

 今日も雨mist

梅雨のような毎日です。

 

 7月に打ち上げで、俣野別邸に行った

時の写真がありました。

S20170815_img_4269_2


 今回も楽器持参。だってこんな場所でライアーの

写真を撮りたいじゃないですかhappy01 さすがに

持って行ったのはキンダーハープですけれど。

S20170815_img_4264_2

 音も撮ってみたのですが、案の定セミの声しか

入っていませんでしたsign04sign04 sign04sign04

 

 ランチの後にデザートcake

S20170815_img_4256


 スイーツって見るだけでも幸せな気持ちになりますcake

S20170815_img_4259


 素敵なお食事ルームのようなお部屋は私たちだけ。

のんびりと出来ました。

 ここにつづくお部屋にピアノがあり、コンサートは

そこで行います。

S20170815_img_4260


 10/6のお月見コンサート詳細は→こちら

 

 この頃、夜1人で弾いているのはO'Carolanです。

O'Carolanはこの前書いたように大勢で弾いていた

時も楽しかったけれど、ソロもいいですね。

セシリア・アンズワースさんの楽譜にO'Carolanの

ソロで弾ける曲が何曲かあって、弾いてみてます。

 

 元々、よく弾いていたSheebegSheemore、Planxty

Irwin、エレノア・プランケットとブリジット・クルーズ・・・

弾き始めてもうだいぶ経ちますが、飽きる事はありま

せん。Funny Powerやブリジット・クルーズのAir4も

好きです。

 

 その他にセシリアさんの楽譜に載っている

♪「Hewlett」

♪「The Dark Plaintive Youth」

♪「Squire wood's Lamentation on the Refusal

of his Halfpence」

を、今年良く弾いています。ちょっぴりもの哀しい

O'Carolanですconfident

 

 この頃はいつでも、「構成」を考えるのが癖に

なっていて、もし「O'Carolanシリーズコンサート」

をするとしたら・・・・どういう順番がいいのか、とか

無意識に考えていますcoldsweats01

やっぱりライアーで弾くO'Carolanは最高ですよnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のための曲選び

 今日は暑かったsign01です。

S20170809_img_4329


 スタバに入ったら、明日からの新作の試飲を

頂きましたhappy01

 

 夏は暑さでぼーっとしているうちに過ぎる・・・

という事がわかってますので、そろそろ考える

事だけでも始めました。(そのためにスタバへ)

 

 お月見コンサートは静かな雰囲気で・・・

アイリッシュ系や秋の曲、それからリクエストも

頂いてるので(ジュピター)

 

 県民講座は生徒さん方も参加して下さいます。

全員でグロリアと、ヨハンナ・ルスのWeihnachten。

すごく綺麗な曲なんですheart04

 

 

 テアトルフォンテは完全に一般の方向けなので。

いつも何度でもを始めとしたジブリ。や「癒しの

竪琴」に入っているような曲かな。

 

 それから以前に「東日本大震災チャリティー

コンサート」を企画してくださった方から、3年ぶり

の依頼もありました。

こちらはリラ・コスモスの演奏の他に、参加して

くださる2名の生徒さんとのアンサンブルも聴いて

頂きます。

ずっと弾きたかったマリーさんの「A place to rest」。

 

 マリーさんとはあのTeardropライアーを製作して

いるマリー・ライトさんの事です。製作の他に

ライアーの作曲や演奏もされています。

A place to restは311の後に日本に向けて作って

下さり、心の深い所にまで沁みて行くような

曲です。

 

 

 これはアンサンブルでないと弾けず、2人でも

ちょっと大変なので、今回4人でなら弾けます。

 

 私たちは2人で弾く前には3人とか4人とか、もっと

大勢の6~10人くらいでも弾いていたので、その頃

弾いていた曲も2人用に替えて弾いたりもして

いますが、あの時の4,5パートのままのアレンジも

懐かしいな~、と思うのもあってhappy01

 

 

 ピアソラの「チキリン・デバチン」やライアーの

ための作曲家トビアセンの曲とか、後オカロランの

「Planxty irwin」や「大家さんとの喧嘩」とか。

 

 だんだんライアーを好きな生徒さんたちも集まって

来てくださっているので、きっとまた弾けるnotes

 

 ライアーのための素敵な曲の楽譜は随分

集まりました。弾けるようになって来た生徒さんも

いるし、これから弾いて下さるだろう方たちも

いらっしゃいます。

是非私たちが集めた楽譜を一緒に弾いて

下さる方を募集しますheart01

 

 ライアーを弾くことは自分にとって、とても

素敵な事だし、それだけではなくてこの音で

奏でる音楽が流れることが世界のため

地球のためにもなるような気がしていますshine

 

 せっかくある楽譜、私たちだけでなく大勢の

方に弾いて頂きたいですwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この夏のお気に入り曲は

 8月に入り、横浜辺りはあまり夏らしくない

日が続いています。曇りの日が多いのですcloud

カーッと晴れるよりは暑くないのですけど。

 

 やっと何も考えずに弾きたい曲を弾いています。

今年の夏のマイブームは・・・・

Johon.Billingさんですnote

演奏家でありながら、ライアーのための作曲や

アレンジもたくさんされています。

その中で、私が昔からよく弾いていたのが、

「ソプラノライアーのための前奏曲」です。すごく

気持ちよく弾けて、素敵な流れの中に音楽が

ありますconfident

 

 良く弾いていたのが、№1.3.5..7です。

№3.7は、覚えちゃわないとなかなか弾けない

ですね。和音が美しいですheart

№1は比較的弾きやすくて、何度も何度も

弾いちゃいます。

 

 そういえば、昨日久しぶりに2時間くらい

続けて弾きました。何でしょうね。もう瞑想

してるみたい。特別に存在している時空間の

中にいるみたいですshine

 

 それから、昔は1人で弾く時もソプラノばかり

弾いていました。でも今はもっぱらアルトです。

ソロで弾く時もやっぱり低い響きが欲しいん

です。ソプラノのための前奏曲をアルトで

弾いたりしています。

「アルトのための前奏曲」も」あるけど、楽譜

行方不明中sign05

 

 マリーもコロイもあるので、こちらも

出して来て・・・

 幸せな時間ですheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半最後の演奏♪

 生協のチラシに載っていたそうなので写真を

送ってもらいました。

S20170720_img_1474


S20170720_img_1475


 ちょっと安いようです。生協取っている方は見てみて

くださいねwink

 

 いよいよ明後日、鎌倉で今年前半最後のコンサートです。

 

 おはなし会とライアー演奏

 

 今回は広めの場所なので、まだお席は大丈夫です。

ただ、当日券の方が少し高くなりますので、ご予定の

方は事前にご連絡下さいね。

 

 今回はライアーを初めての方が多そうです。

前半に生徒さんとリラ・コスモスの4人のアンサンブル、

楽器はゲルトナーソプラノ、アウリス、ヨエックスアルト、

ホフシュテッター、とグロッケンも、揃いますので、

ライアーという楽器を見てみたい、聴いてみたい方に

お勧めです。

特に4人のアンサンブルは珍しいです。生徒さんも

合同練習を頑張りましたnotes

 

 曲はライアーのために作られた曲、季節の曲、

沖縄の曲など夏らしい感じでpisces

 

 そして・・・8月はのんびりとライアーを弾こうと

思います。結局ライアーsign02なんですが、何も考えず、

のんびりと弾くという時間は貴重なのですheart01

秋冬の事も考えていかなてはならないですが。

 

 22日、素敵な会となりますようにhappy01

新しい出会いも楽しみです。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最長連続演奏!

 いつの間にか夏至も過ぎ、6月も終わりに

近づいて来ました。鎌倉の紫陽花観光は

今年の凄いらしいですsign01有名所よりも

穴場を見つけた方がいいかもしれませんね。

S20170624_img_4181


 11日に「国際ヨガデイコラボレッスン」で演奏いたしました。

この日は私たちの中での記録更新がありましたsign01

 

 最長連続演奏notesです。

 

 

 今回は全部で1時間半くらいの講座で、最初の呼吸法

の後からほぼずっと弾き続けました。1時間20分くらいsign01

 

 家とか練習ではもっと弾いていた事もありますが、演奏の

場では最長時間かと思います。

 

 この講座のための練習で家で弾き続けた時は、もう

眠くなって来てしまいましたがgawk さすがに本番は

緊張感があるので、意識はしっかりとしていました。

 

 長時間弾き続けるというと、途中で次の場面に移り、

曲も替えて行く所を気配で進めなければならず、そこが

上手くいくかな、というのはあります。一度終わらせる

ようなところも、まだ動きが続いていたら、曲が終わっ

てしまってもやめる訳にはいかないので、もう1度

繰り返すとか・・・しかも1人でなく2人で声も出せずに

どうするか判断しなけらばならないのです。

 

 

 2月と3月の葉祥明美術館でのお話会のバック

演奏もこれと同じで、とても勉強になりました。

これこそ本番でなければ体験できませんので。

とても勉強になるコラボ演奏でしたshine

 

 昨年も人気の講座でしたが、今年も早くから

キャンセル待ち。さすが伊藤玲子先生wink

気持ち良さそうで私もヨガに参加してくなりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピラミッドダービー動画

 6月11日に放映されたピラミッドダービーですが、

こちらで配信していますので、よろしければ見て

下さい。

民放公式ポータルティーバー1時間26分の所から。

http://tver.jp/episode/30742008  

(6月25日18時59分まで)

またはYOUTUBE

http://www.dailymotion.com/video/x5q1eav




 色々な方から見ましたよ~と連絡頂きましたhappy01
トライアングルさんもブログで紹介して下さっています。


 
 撮影後の写真
S20170619_img_1392
ソプラノ歌手中村初恵さんとスタッフの方々

S20170619_img_1394
写真は中村さんのFacebookからお借りしました。
 これはテレビ放映の時のです。↓
S20170619_img_1404


 針谷紀久子さんと↓

S20170619_img_20170611_205926_101


 ありがとうございましたheart04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSピラミッドダービー出演

 11日に放映されたTBSピラミッソダービーの

歌声見極めコーナーに出演させて頂きましたnotes

S20170611_img_4096


 発地さんとソプラノ歌手の中村さん。

 

 先月のある日、「ピラミッドダービーという番組に

ライアー演奏で出演出来ますか?」とお話があり、

演奏曲が「いつも何度でも」だったので、これは

よく弾いているので「大丈夫です」とお返事しました。

 

 いつかそんな話もあるのかな~と思っていたら、その

数日後「録音日〇日は来られますか?」と、何日後か

でびっくりwobbly

 

 録音を終えても、「放映される日はあるのかなあ」

なんて思っていたら、今度は映像を撮るので、と

予定を聞かれたのです。ちょうどコンサートと

コンサートの間の2日間だったので、大丈夫でした。

コンサートと被っていたら行けなかったので・・・

OKの流れかな、とheart01

 

 私は八芳園で、発地さんは青山のスタジオ

でした。あまりに突然の出来事に「衣装はどうする」

「髪はどうする」と2人で大騒ぎ。その前後が

ホームコンサートとホリッティックコミュニティデイ

での演奏で・・・ものすごく密度の高い4日間

でしたsign01

 

 八芳園での撮影はこちらです。

S20170611_img_4098

 ものまねシンガーの針谷さんと。

発地さんが幻想的に撮ってくれました。

S20170611_img_4097


 緑が美しかったです。

S20170611_img_4112


 スタッフの皆さん。すごく真剣に考えて撮影されるんです。

 上の発地さんは美しの里のCDを録音した南青山の

スタジオです。いつの間にか、このスタジオがリラックス

して安心出来る場所となっていました。皆さまのおかげ

ですconfident

 

 撮影の日、いつものようにピンポンnoteと鳴らすと、

出て来たのは・・・・なんと木村弓さんwobbly 聞いてなかった

ので、びっくりびっくりsign05sign05 少しお話も出来ました。

今回伴奏の音はリラ・コスモスの演奏で、木村さんも

「歌いやすい」と言って下さいました。「ライアーの

カラオケが出来たわ」ともhappy01

 

 とまあ、こんないきさつです。

放映前は口外はNGだったので、今夜見てからブログ

へも解禁しました。

 見て下さった方もいるかもしれないですね。

素敵な経験でしたshineshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧