ライアーコンサート

春から夏の予定

Img_1757

 

 今年の桜。

家の近くの日本らしい場所です。

 

 今年はどんな年になるかな~、

と毎年思っていますが、そろそろ

予定が決まって来そうな感じです。

いつも天におまかせしていると

決めて下さるようなのです🎵

 

 5月は小黒恵子童謡記念館と

木内ギャラリー、それからホーム

コンサートが決まっています。

その後は、地域の会と

カフェが入りそうです。

 

 勿論、このような状況下ですので、

変更があるかもしれませんが、それは

それでまたいい時期にやれると思い

ますので。

 

 こんな時でもお話が頂けるなんて

すごいですし、有難いです。

 

 今日は新しいご縁の鎌倉のカフェに

伺いました。ちょうどリラコスモスの

練習の帰りでしたので、楽器もお見せして

音も聴いて頂きました。

 

 店内は落ち着いた大人の雰囲気。

ここはライアーに合いそうだな、と

思いましたが、やらせて頂けることに

なりとても嬉しいです!

 

 ケーキがこだわりの美味しさです。

 

Img_1787

 

 お疲れの皆さまにスイーツとライアーで

やすらぎの時間を提供したいと思っています。

詳細決まりましたら、お知らせいたします。

 

 素敵なご縁を繋いで下さった方に感謝です💓

 

 

| | コメント (0)

クリスマスコンサート2020

Img_1233  

 

 2020年のクリスマスコンサート。

 

 ご縁が長く続いている鎌倉のたぶのきさん。

初めてコンサートをやらせて頂いたのはもう

8年くらい?前のこと。

 

Img_1246 

Img_1245

 いつもプログラムも作って下さいます。

 

 今年は前の記事にも書きましたが、

色々な事が突然起こり、「とにかく

今年予定のコンサートはしっかりやろう」と

決意しました。

 

 昔からこんな風に思っていたのです。

いつかこういう急な出来事が起きても、

なるべくコンサートでは予定通りに

弾き切ろうと。

 

 もちろんタイミング的にどうしても

難しい場合もあると思いますが、

可能な限りは。

 

 そしてこのたぶのきさんまでやり切る

事が出来ました。天国からのお客さんも

いたような気がしています。

発地さんが「アメイジンググレイスが

天界で弾いているようだった」と言って

くれて、確かに.....。身体に響きが

伝わって来て、コンサートであんなに

響きを伸ばせたのは初めてだったかも

しれないです。

 

 よく弾くアンドレギャニオンは今回

「溢れる愛のなかでも」を弾きましたが、

アンドレギャニオンの訃報も前日

知りました。

 

 なんだか色々、思うところの多い、

そうですね、忘れられないコンサート

になりました。

 

159894853f2047478416f6f9bc3d8541

 

 何が一番大変だったかっていうと、

前日になってしまった娘の引っ越し

だったかも💦

 家の中は段ボールだらけだし、

詰めるものを一緒に考えなければならないし。

私は何より、集中力が一番大事なので

本番前にわいわいだったのがちょっと💧

 でも、この大変な中で、完璧とは

いかなくても身体の力を抜き、豊かな響きを

気持ち良く感じられたのはよかったかな、と

思います。

201206img_2937

 

 今日はとても体調も良くすっきりしました。

大変な時にやるコンサートは大変だった!

と実感💡

 これで今年の演奏を終えて、少し

のんびりしようと思います。

ただ、すぐまた弾きたくなってまうと

思いますけど。

 

 随分はやいですけれど、

どうぞ良いクリスマスを🎄

 

 たぶのきさん、いらして下さった

皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

| | コメント (0)

隠れ家ヒーリングコンサート

Img_1206

 

 昨日はクローズドの隠れ家ヒーリング

コンサートでした。

 

 落ち着く和室。皆さんをお迎えする

準備が出来ています。

 

Img_1201

 

 とても暖かい、暑いくらい?な秋の

1日でした。静かな午後のひととき、

皆さんでライアーに耳を傾けて頂きました。

 

Img_1205

 

 今回はヒーリングコンサートという

事で、いつもの瞑想タイムの拡大版

コンサート。30分くらい弾き続けましたよ。

普通眠くなりますね。

 

 ライアーを聴いて眠るって、なにか

すっと眠ってしまうというか、薄い

ベールの向こうの世界にふっと行って

しまうような。目覚めた時にこちらに

戻って来たような感じがするんです。

 

終わった後には美味しいティータイム。

お菓子の写真を撮り忘れたのが残念~。

柿の和菓子でした。季節にぴったりの。

 

Img_1212

 

 自分も緩んで来るような

やすらぎのコンサートでした。

 

 皆様、ありごとうございました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

大磯チェチリア工房ありがとうございました

Img_1160_20201027015101

 

 25日、大磯のチェチリア工房で秋のコンサートが

開催されました。

 

 良いお天気

Img_1151

 

 チェチリアさんに来る時はいつも綺麗な空。

 

 今回は演奏時間のみで1時間半という事で

いつものコンサートよりも長いです。

 

 1部、知られているかな、という曲中心。

 2部、ヒーリングタイム

 3部 世界の美しいことばと合わせて

 

Img_1053

 

 絵が素敵で買いましたが、ことばも

良くて、ライアーと合わせてみたくなりました。

シンプルで、情景が浮かんで来るような

ことばが多いです。

 

Img_1058

 

 アンデルセンのことば。

これには「2つの黄金の薔薇」という

曲を合わせて弾きました。

 

 サンテグジュペリのことばには

発地さんの「星のこもりうた」

 ラビンドラナート・タゴールという

インドの詩人のことばには私の

「夕暮れ」という曲。

 

 なぜか、ぴったりだったと言って

頂けました。

 

 読んで頂いた森さんは御自分も

ライアーを弾くので、抑揚や表現が

派手過ぎずでも細やかで、とても

ライアーらしい感じがいいです。

 

Img_1156_20201027015101

 

 それから八ヶ岳から聴きに来て下さった方も。

 

Img_1159

 

 Kanonさん。ライアー弾きの方です。

お会い出来て嬉しかったです。

 

 左のお2人が今回アンサンブルに2曲

参加した生徒さんの森さんと小林さんです。

4人弾いたアヴェヴェルムコルプスが

とても良かったです!

 

Img_1164

 

 楽器と記念写真。

素敵なチェチリア工房さんでした。

| | コメント (0)

七里ヶ浜開催出来ました

Img_5008_original

 

 昨年は台風で中止。

今年はコロナでどうか、と思っていたら

依頼が来て喜んで練習していました。

そうしたら、今年もまた台風が!

 

 前日までの様子では「これは中止

だな~」と思っていたところ、

まさかの「明日は開催予定です」の

連絡。気合いを入れ直しました!

 

 当日台風は少し逸れ気味だったけど

雨は比較的強く、この後どうなるか

わからないからお客様はあまり来られない

かも、と。

 

 ところが、何人かの方はキャンセルの

ご連絡を頂きましたが、大勢の方が

いらっしゃいました。

 

 なんだか長い前置きになりましたが、

神奈川県民講座「癒しの竪琴ライアー

の魅力」無事開講出来ました😃

Img_5011_original

 

 今年第6回だったんです。そんなに

続けて出来た事にも感謝です。

 

 今年は4人の生徒さんが参加。

参加出来なくてもお手伝いや聴きに

来て下さった生徒さんもいます。

 

Img_5018_original_1

 

 最初の頃はお客様もそんなに

いなかったし、生徒さんもいなくて

リラコスモスだけでした。

少しづつですが、ライアーの魅力が

わかって頂けたようで嬉しいです。

 

 ありがとうございました❤

| | コメント (0)

俣野別邸秋のライアーコンサート終了しました

 雨の予報もありましたが、ほとんど

降らなかくて良かったです。

Simg_e6055

 庭園の写真は撮り忘れたので

以前の写真です。

 

Img_4764_original

 控室も素敵なお部屋。

今回はリラコスモスと生徒さんの

草柳さんと小谷野さんの4人で演奏します。

ブルーのマスクがお揃い❤

Img_4782_original

 当日先着順で15名でしたが、沢山の

方が来られました。15名以上の方は

椅子はご用意できず、後ろや廊下の方で

聴いて頂き、ありがとうございました。

園の方でも感染症対策がありました。

 

 曲は初めて弾くものが多く、

1曲目の「穏やかな音」ライアーの

世界から生まれた美しい曲。4台で

ちょうど弾けます。

 

 それからバッハのメヌエットを

ちょっと今風なアレンジで。これは

掛け合う所が多く、練習頑張りました。

 

 後、アヴェ・ヴェルム・コルプスや

オリジナルや美しの里。ナイチンゲール。

 

 そして最後はこの季節によく弾く

夕焼けメドレー。グロッケンも使いました。

 

Img_1090

 マスクの写真もずっと経ってから見たら、

懐かしくなるかもしれないですね!

 

 左からアウリス、ヨエックスアルト、

ホフシュテッターテノールアルト、ゲルトナー

ソプラノ。

 

 楽器の集合写真も。

後ろはサンルームになっています。

Img_1097

 

 終了後、ほっとして

リラコスモスで1枚。

写真映えする場所が多いのです。

 

Img_1106_20200920135601

 旅先感あります!

 

館長さんから園長さんになった

Kさんが「来年は落ち着いて

出来るといいですね」と言われて

いました。

 

 本当ですね~。

ありがとうございました。 

 

 

 

 

| | コメント (0)

木内ギャラリーコンサートの感想を頂きました

 先月の木内ギャラリーコンサートに

お越し頂いた方がブログに感想を書いて

下さいました。

 

 あまりに素晴らしくて、読み終えた後

ドキドキしてしまいました。本当に

頂きすぎのお言葉ですが、ご紹介

させて頂きます。

 

97

 

じつに4カ月ぶりにライブの演奏会に出かけた。聴衆は10人という小さな音楽会だったが、美しさが凝縮したかのような、心洗われる集いであった。10人しか聴くことができなかったのはなんとも残念。これもコロナ禍の影響である。会場は旧貴族院議員の木内氏の別宅とはいえ、通常なら50人は収容できると思われる。客席の間隔をとって感染予防をした結果である。入場時には手を消毒し、体温をはかり、連絡先も記入した。演奏者、観客ともマスク。ほぼ完璧な感染症対策であった。

ライアーという小型のハープはほとんど知られていない。ルドルフ・シュタイナー(1861―1925)が治療教育のために使おうとした楽器で、本来は演奏会をするものではなかった。音も大きくはないゆえ、会場の規模も制約される。小さな空間で、耳をそば立たせて聴くことになる。それは、音楽を聴く、もっとも根源的な姿勢かもしれない。ライアーの、密かに梢をそよがすかのようなピュアな響きが、聴く人それぞれの心に、静かに訴えかける。

今回の演奏会では3種類のライアーが使用されている。演奏会用では弦は53本らしいが、大きさによって音の高さに差が出る。材料の木の種類によっても音質が異なるのか。私にはその細かな差異を聴き分けることはできないけれど、さまざまな形のライアーがあることは、見ているだけで楽しいものだ。

演目は、日本の童謡からアイルランド民謡、ヘンデルの小品、現代作曲家の作品など多彩。そのほとんどはライアー向けの作品ではないので、演奏のデュオグループ、リラ・コスモスがアレンジしている。そして、メンバーの平川絵理子さんと発地美枝子さんのオリジナル作品も含まれている。選曲といい、朗読を含むプログラムの組み立てといい、夏の森のなかで聴くにふさわしいものであった。会場の木内ギャラリーは自然に囲まれている。

ライアーを膝にのせて、数十本の弦を操るには、よほどの技量が必要だと思われる。おふたりの腕は確かで、ふたつの楽器から奏でられる音色は、限りなく優しい。深く心に染み入るゆえに、シュタイナーが治療に用いようとした意図もよく分かる。そしてこの楽器の音色を、より多くの人々に聴いてもらうべく努力されているおふたりの試みは、まことに貴重である。この天上の響きに、ひとりでも多くの人々が接しられることを心より祈りたい。

2020年7月19日 於いて木内ギャラリー
プログラム
発地美枝子:星のこもりうた
中山晋平:しゃぼん玉
宮沢賢治:星めぐりの歌(朗読・森杣子)
ヘンデル:インベンション
ヘンデル:私を泣かせてください
ヴァヴィロフ:アヴェマリア(カッチーニ)
F.タレガ:アルハンブラの思い出
黒石ひとみ:薔薇のある風景
平川絵里子:世界
下総皖一・井上武士・文部省唱歌:夏メドレー(たなばたさま・海・うみ)(グロッケン・森杣子)
デボラ・ヘンソン・コナント:ナイチンゲール
アイルランド民謡:とねりこの森(朗読・森杣子)

演奏:リラ・コスモス(平川絵理子・発地美枝子)

2020年7月30日 j.mosa

 

 ご紹介して頂いたブログは→こちら

 

 

 ライアーの響きに特別なものを感じて

頂けた事が嬉しいです。

  

 ライアーを聴いて感じる何か

 

 私たちは演奏していて、それを

感じて頂きたい、と思っている

のです。

 

 
 この日の楽器はホフシュテッターとヨエックス

とアウリス、それにメルヘンクーゲルと

グロッケン。

音楽療法としてはシュタイナーの弟子

エドモント・プラハトが実際に

行っていました。

 

 

 ライアーを聴く事で感じた事を

わかりやすく言葉で表現して頂いて

ありがとうございました。

これからもやはり、頑張って

沢山の方に聴いて頂かなくては!

と思いました。感じて頂くために。

 

 この日の木内ギャラリーは

今までの中で一番響いたように

感じました。

 同じ場所でも音の大きさや

響きが何故か変わる......

 

 こういう繊細な事が感じられる、

というのもライアーの音に自分の

波長を合わせているからかもしれません。

 

 弾いても聴いても感性が

細やかになっていく楽器です。

| | コメント (0)

初夏の木内ギャラリーコンサートありがとうございました

 

 定員10名のコンサート。

Img_0853

 

 お席はこんな感じです。

左は朗読して下さった森さん。

 

 木内ギャラリーは

いつもクリスマスコンサートを開催して

いましたが、今年は珍しく3月を

予定していました。それが、7月に

延期となり、どうなるかなーと思って

いましたが、主催者さんが会場と

話し合い、開催へと。

 

Img_0871

 

 本番は奏者もお客様もマスク着用。

 

Img_0866

 

 終了後、皆さんが帰られてから、

マスクを外して撮りました。

 

 7月はずっと雨で、この日も

雨の予報が出ていましたが、当日は

とってもいいお天気。外の緑が

瑞々しかった。最後に弾いた

「とねりこの森」ともマッチして

いました。

 

 今まで、心に残るコンサートは

沢山ありましたが、今回も

忘れられないでしょう!

 

 プログラムはなぜか大曲が多く、

終わってほっとしました。

ナイチンゲールは7分くらいの曲。

今年もっと弾きたいな。

 

 この後も無理なく

演奏出来る機会があれば🎶

 

 いらして下さった皆さま、

主催のまちのすみかの会さん、

木内ギャラリーさん、

ありがとうございました!

 

 

| | コメント (0)

楽しかった妖精茶会コンサート

 久しぶりのライアーコンサートでした。

 

 妖精茶会とライアーコンサート。妖精茶会は

マドモアゼル愛さんが、誰でも出来るように

本にして下さっていて、今回それに乗っ取って

やってみました❤

 天気予報では雨の可能性が高そうだった

けれど、とってもいいお天気。会場のリンデン

さんの屋根の上にも青空が。

Simg_0809

 

 

Simg_0810

 

 入口のお庭にも妖精さんが住んでいそう

なんです。

 

 妖精さんを呼ぶのに必要なのは

お花、お菓子、音楽、みんなの笑顔と笑い声

Img_4326_original

Img_4323_original

紫陽花と妖精さんを呼ぶ石。

Img_0803

 季節のお花をあちこちに。舞台の上にも。

後ろにいるのは本物の猫ちゃん。

 

 そして妖精さんのお席の用意をします。

Img_0798

Img_0801

 最初に窓を開け、石をみんなでかちかち叩いて

妖精さんを呼びます。

 

 それから音楽はもちろんライアー。

Img_4342_original

 演奏はマスクとフェイスフィールド!

これが後の珍しい思い出となる事を

祈ります💡

 終了後の記念撮影。

Img_4288_original

 リラ・コスモスとマリーコンサートライアーの

松葉さんとゲルトナーアルトの小谷野さん。

 

Img_4292_original

 妖精さんのテーブルを覗くリラ・コスモス。

 

Img_0813

 可愛いワンちゃんも聴いて下さいました。

握手してくれて可愛いんです💕

 久しぶりのせいか、何だかとても

楽しかったです。ティータイムを終えて

帰る皆さんも明るいお顔でほっとした

ように見えました。

 

 まだ気の抜けない状況では

ありますが、いつも気が張り詰めて

いるのもストレスが溜まり、身体に

よくありません。気をつけながら、

楽しみを取り入れていけるといいですね。

 

 今回定員は半分の15名にしましたが、

当日急に来られた方も入れて、ぴったり

15名。妖精さんが呼んでくれたのかな?

 

 そして、素敵なお花を活けたり

写真撮影やお手伝いをして下さったWさん、

おかげ様で素敵なコンサートが開けました。

ありがとうございます😃

| | コメント (0)

2020年初演奏は

  Simg_0007

 

 珍しく舞台での演奏です。

PTAの方や教育関係者の方々にも聴いて頂けました。

 

 30分で

冬の星座、冬景色、早春賦、ふたたび、G線上のアリア、

そして美しの里から奇跡の地を演奏しました。

 

 それにしても↑の写真、舞台がすごく広く見えます。

まあ実際いつも弾いている場所に比べると広いの

ですけれど。

 

Simg_0011

 

 お花がとても綺麗でした。

初めて着た水色の衣装。

 

Simg_0013

 

 鏡に映して、楽屋でインスタ風に。

 

 今年の初演奏。お正月気分から目が覚めた

感じです!

 

 2月は久しぶりにお休み月ですが、

練習の予定🎶

| | コメント (0)

より以前の記事一覧