ライアーコンサート

花桃はまだでも

 ここ数日は冬に戻ったよう・・・で花桃の花は

まだでした。蕾は今にも咲きそうなくらいです。

 

 そんな寒いなかでしたが、花桃祭りで

ライアーを弾いて来ましたnotes それでもわざわざ

聴きに来て下さった方もいらしてhappy01

私たちはとにかくライアーが好きなので、

弾けることが嬉しいのですheart04

Simg_4556


 素敵なお庭の前に続く、日本的な風景。

車で来る途中もなつかしい景色でした。

Simg_4555


 演奏場所はこんなに素敵。なんとここは

ガレージなんです。車は出して頂いて、コンサート

会場になりました。あまり綺麗なので、靴を脱ごうと

した方もいたほど。


Simg_4558_2




 始まる前。真っ白いお家の明るいガレージで、

響きも良く広さもちょうど。なぜかライアーコンサートに

ぴったりなんです。

 

 

 窓から見える初春の風景を眺めながら、

ライアーで季節の曲を聴いて頂きました。

こんな風に外が見えて。

それにしても、これがガレージなんてwobbly

Simg_4563_2


 

 お忙しいなか、寒いなかいらして下さった方が

「エネルギーを分けて頂きました」と感想メールを

くださり、良かったな~、とconfident 自然とライアーって

やっぱり合うんですよね。これからも機会があれば

自然に囲まれた所で弾いてみたいです。



Simg_4562_4


 ありがとうございましたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉祥明美術館コンサートありがとうございました


 朝のうちは曇っていましたが、後から春らしい日と

なりました。

Simg_3853

 葉祥明美術館は外も中も素敵です。

Simg_3857


 午前も午後も本当にすごい人でしたwobbly 椅子が足りなくなる

くらい。

恐らくライアーを初めて聴く方も多かったと思います。

今回はCD収録曲の美しの里の曲をたっぷりと弾きました。

Simg_3846


 素敵な看板も作って頂きましたnotes

今回は私たちのために大勢の方がお手伝いして下さり、

おかげで演奏に集中出来ました。

Simg_3859_2


 「星の王子さま」を朗読してくださった女優で声優の

花村玲美さん。このお話は王子さまの他に

男の人や薔薇の花やきつねが出て来ますが、

声を使い分けていてさすがですshine

花村さんは今話題の映画「君の名は」の新海監督

の「秒速5センチメートル」のヒロインの声をされた

方なんです。

Simg_3860


 朗読の時は気持ちよく弾けましたshine

お客様が近いsign01

S


 新CDです。

この美術館に来るたびにショップを覗き、

CDコーナーも見ていましたが、自分のCDが並ぶ

日が来るとは思いませんでした。そうなったらいいな

なんて思ったことは・・・あったかもしれませんwink

 

 そうそうCDのジャケットの後ろの私たちが

写っている写真は美術館の館長さんが撮って

下さったのです。

 

 

 一番最初の出会いはこちらの美術館で流

れている音楽が美しくライアーで弾いてみたいな、と

感じ、そうしたら、CDと一緒に楽譜も販売していて・・・

「でもライアーでは弾けるかしら」と思ったら

ほとんどの曲がだいたい弾けたのです。

 

 

 ライアーを弾いている方ならわかると思い

ますが、こんな事はとても珍しいのです。

こちらの楽譜です。

Simg_1574


 ピアノの楽譜です。ただ、1人ではこのままだと弾けない

ので、アンサンブルで弾けます。

美しの里サイトで販売していますし、リラ・コスモスでも

お分け出来ます。9曲も入っていて、葉さんの美しい

イラストも何ページもあり1080円ですwobbly

 

 

 コンサートから話がそれてしまいましたが、今回は

書く事が色々あるものですから・・・

 

 葉祥明美術館さんも花村玲美さんももうプログ更新

して下さったので、急がなくては・・・・clover

(この記事の一部の写真を美術館さんからお借り

しています)

 

 本当に素晴らしい機会をありがとうございました。

いらして下さった方にも本当に感謝いたします。

CDご購入もheart01 

 

 それから色々お手伝い下さったミュージシャン

音夢食堂さん。ツイッターやブログで宣伝して

下さったり、当日もお世話になりました。

まだ生演奏は聴かせて頂いていないのですが、

YOUTUBEの歌声は聴かせて頂きましたwink

 音夢食堂さんのブログ

 

 まだ書き足りない事は後ほど書きたいと思います。

S2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームコンサートとCD最終確認

S


 先月末のホームコンサート。

ご家族やお友達と一緒に聴いて頂きました。

ライアーはこんなアットホームなコンサートにも良いですheart04

コンサートという大げさな感じでなく、

音楽を楽しんで頂く・・・・

これもライアーの魅力のひとつですwink

それにしても、こちらは立派なお宅で驚きました~。

S_2


 そして今日は・・・・

今月発売予定のリラ・コスモスの新しいCDの

最終確認。

表参道から少し入ると、大通りなのに

ほとんど人が歩いていなくて、静かな道です。

この道を、随分通いました。やっとここまで来た、

と感慨深く、春の始まりの雨の中を歩きました。

 

 今回はとてもたくさんのCDを手掛けて

いる方々へおまかせしたので、私たちは

演奏に集中することが出来ました。最初に

お会いしてから、数年経っているのです。

その間、たくさんお話して貴重な事も伺う

事が出来、ライアーの事もよくわかって

頂けましたhappy01

 

 今日初めて最初から通して聴きました。

寝ちゃうかな、と思いましたが、さすがに

そんな事はなくcoldsweats01 12曲65分間、音の

中に静かに入っていられました。

 この録音の時間じたいが、私にとって

大切な時間で、本当に季節も一廻り以上

巡ってますので、懐かしささえ感じたほど

です。

 

 曲順も、最初と最後はだいたい予想通り

でしたwink 今度、曲名曲順はお知らせいたし

ます。出来上がりは18日のミュージアムコンサ

ーとぎりぎりになるそうです。

 

 KIMさんに出入りしている若いミュージシャン

の方たちもお手伝いして下さってありがたい

です。違うジャンルの音楽の方たちとも

知り合えて楽しいですnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉祥明さんトーク会で


Simg_2514_2



 今日は本当に暖かくて晴天でいい日でした。

北鎌倉駅から葉祥明美術館へ向かう道も梅が

あちらこちらに。↑は昨年の梅ですが、ほんと

こんな感じでした。

 

 到着。犬のジェイクに迎えられて、中に。

S_2


 葉さんのお話会は数か月に1度あるそうです。

今回は「サニーちゃんシリアへ行く」の絵本原画展に合わせた

お話でした。

 

 お話が一段落したところで、ライアーの演奏です。

今日は「埴生の宿」「美しの里」の2曲をまず弾き、その後

葉さんの朗読に合わせて、やはり美しの里シリーズから

「風色の稜線」と「やさしさの波紋」の2曲を。

 

 美しの里シリーズの曲は葉さんの絵本「美しの里」を

イメージして作られた曲です。それだけの事はあって、

葉さんの朗読と合うことshineshine 聴きながら静かに涙を

流される方も。静謐な空気が流れました・・・・

 

 来月18日はライアーのミュージアムコンサートを

行います。次回は葉さんはいらっしゃれないようですが、

朗読に合わせるお話が進んでいます。

 

 今日の感じから、ライアーとは波動の合う場所と

感じましたので、楽しみですnote また、スペシャルな

お知らせもありますので、ご期待くださいwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーにふれる会ありがとうございました

Simg_3752


 1月29日「ライアーにふれる会」。千葉県市川市の

木内ギャラリーでレクチャーコンサートを行いました。

 

 写真はいつもの2台ですが、もう1台、発地さんが背中に

しょって行ってくれました。アウリス35弦をです。

Simg_3755


 調弦は丁寧に。

Img_3655


 この木内ギャラリーは明治45年から大正3にかけて

木内重四郎氏の別邸として造られた建物です。木に囲まれた

静かな場所にあり、静けさを聴く楽器ライアーにぴったりです。

 

 第一部はライアーの説明をしながらのコンサート。

休憩を入れて1時間半。ライアーで色々な曲をご紹介

出来たと思います。最後に皆さんでふるさとを歌いました。

Simg_3659_3


 30名くらいの方が聴いて下さいました。

とても静かに耳を傾けて・・・・

ライアーと鳥の声とのコラボもconfident

 

 企画してくださったまちのすみかの会の方が

「途中で鳥の声が聞こえました。普段なら鳥の声も

耳に入って来ないこともあります。ライアーの音に

耳を傾けるうちに、普段は聞こえない音も聞こえるよう

になったのです」・・・という内容のお話をしてください

ました。まさにその通りなのですsign01

 

 私たちは日々忙しく、自然と色々な音を脳内で排除

してしまっています。ライアーに耳を傾けるうちに

いつもは気にしない音も聞こえてくるのです。

 

皆さんも↑のまちのすみかの会の方のお話に

頷いていました。感じて頂けて、ほんと嬉しいですshineshine

S2_3


 素敵な場所でした。発地さんが光っちゃってますshineshine

 

 

 二部はライアーの体験time。私たちがついてお一人づつ

触って頂きました。生徒さんがいらしてたので、お手伝い

して頂き、3台づつ出来ました。ありがとうございましたwink

 

 短い時間ですが、お一人づつお話出来る時間なので

楽しみにしています。北海道にお住まいでたまたまこちらに

いらしていて参加されたという方も。ご縁を感じます。

 

 申し込みされた時のメールで「あの方ですねsign01」と

わかるのも嬉しいです。良かったら是非お声を掛けて

下さいheart01

 

 初めてお会いしてから2年以上経て、今回のコンサート

を実現してくださった、まちのすみかの会の方には大変

お世話になりました。ありがとうございました。

 

 今日お会いした方々ともまたいつかお会いしたいですhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年最後のコンサート


S



 25日、クリスマス当日xmas リラ・コスモスのクリスマスコンサート

でした。↑は発地さんが作ったお人形。コンサート会場に

飾りました。

S20164


 今回はこの布陣。車だと何台も運べます。

Simg_3662

リハーサル。

S2016_2

 

 冬の星座から始めて、クリスマスキャロル、ヴィヴァルディの

四季から冬や、アヴェ・マリア、フランス組曲、ヒーリングタイムは

今回15分弾き続けました。後半はキャロルやパッヘルベルの

天の高みより我来たる、さやかに星はきらめき、きよしこの夜など。

休憩をはさんで1時間半くらい弾きましたnote 本当はもう1曲

バリオスのクリスマスの歌も予定していましたが、長くなり過ぎる

ので来年のお楽しみにwink

 

 

 終わった後に皆様とお話させて頂いて、楽しかったですhappy01

初めての方に楽器に触って頂きました。(終了後に時間のある

時は私たちがついて、楽器に触って頂けます。ご興味ある方

はお声を掛けて下さいnote

 

 今年1年もたくさん弾かせていただき、聴いて下さった方、

ありがとうございました。来年も多くの方に出会いたいですheart01

 

 今日はプロフィール用の写真の撮影をして頂きました。

顔だけよりも楽器と一緒に撮りたいとお伝えして、丁寧に

撮影して下さいました。少し音を出したら、「聴いてみたい

です」とも言って下さって、ありがとうございますhappy01

 

 そして、その後来年の打ち合わせ。

今年もあと5日なんですね。すぐ来年ですsign01

まだ、年賀状も作っていないのにcoldsweats02 明日も明後日も

予定があるのでどうしましょうsweat01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス第一弾

Sjpg

 今年行った北海道、雪の美術館内のコンサートホール。

素敵な場所でしたshine 

 

 今日は今年のクリスマスコンサート第一弾のクローズド

コンサートでした。

今回用意した曲は

Weihnacht、ひいらぎ飾ろう、荒野の果てに、牧人羊を、

ヴィヴァルディ「四季」より冬、シューベルトのアヴェ・マリア、

溢れる愛のなかでも、めぐり逢い、ふたたび、天にはさかえ、

もみの木、天なる神にはみさかえあれ、冬の星座、冬景色、

ペチカ、きよしこの夜、でした。

 

 最後に皆さんできよしこの夜を歌った以外は全部ライアー

演奏のみなので、だいぶしっかりライアーは聴いて頂けた

かと思いますnotes

 

 次は3週間後の25日に「リラ・コスモスのクリスマスライアー

コンサート」があります。今年はいい具合に日にちが開いた

ので、これからしっかり準備に入れます。

 

 去年は鎌倉の古民家カフェでしたが、今年はかなっくホール

の音楽ルームなので、雰囲気はまた違います。

曲は今日のプログラムにバッハのフランス組曲、バリオスの

クリスマスの歌、パッヘルベルの天の高みより我来たり、が入り、

キャロルが少し変わったり、ジブリが入ったりです。

 

 毎年こうしてクリスマスの曲が弾けて、それを聴いて頂けて

幸せだな~shineと思います。

 

 ライアーを聴いた事ない方や、クリスマスにライアーを聴き

たい方、是非いらしてくださいねhappy01

 HPにも載せています。→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵な感想にほろり 七里ヶ浜講座

 暖かいものが美味しく感じる季節になりました。

S


 先月の七里ヶ浜講座の時のアンケートが送られて

来ました。

すごく嬉しい文章がたくさんあって、思わずweep

 

 自分がすごく好きな事で、こんなに喜んで頂けること。

そして、ライアーを弾いていて感じるこの楽器の音の

素晴らしさを、言葉ではなかなか伝えられないけど、

弾くことで伝えられるという事に感動します。わかって

頂けたんだheart01と。

 

 いつも感想を伝えて下さる方々の文章力に

びっくりします。そうなの、そうなのってshineshine

 

 部屋の空気が変わるとかいうのは、色で

変わるわけではないから感覚でしかないんです

けれど、それを観じて頂けるって、本当にすごい

です。

 

 褒めて頂いているものを載せるのは自画自賛

みたいで、申し訳ないんですけれど載せさせて

下さいconfident

S_2


 聴いて下さった皆さん、参加して下さった

生徒さん、ありがとうございました。合同練習も

本当に頑張りました。

 

 今度の日曜日はクローズドのクリスマスコンサート

があります。演奏活動を始めてからもだいぶ経ち

ますが、今もまだまだ本番前は気が抜けません。

毎年弾いているクリスマスの曲ですけれどxmas

 

 クリスマスの曲で満たされる12月が明日から

始まりますnotexmasshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒さんとのアンサンブル

 前回の七里ヶ浜高校での県民講座の続きです。

S20162


 今回は鎌倉に住む方や、また市外から4人の生徒さんが

演奏に参加して下さいました。おかげで、演奏曲も幅広く

選べました。

 

 最初にリラ・コスモスで埴生の宿を演奏。後で、「最初の

埴生の宿でもう泣きましたweep」と2人の方が言いに来て下さい

ました。埴生の宿はアイルランドの曲なのに、どうしてこんな

にも日本人の心をとらえるのでしょう。映画「ビルマの竪琴」

で演奏された事でよく弾きますが、あの懐かしい感じ。本当

ライアーにピッタリの曲ですconfident

 

 そして、その後数曲とライアーについてのお話をした後、

生徒さんに加わっていただきました。まず最初に1人。

そこで、リラ・コスモスと3人でモールアルトの「すべての友

の健康を祝って」とバッハの「シンフォニアの14番」。明るくて

ゆったりとした気持ちになりました。

 

 その後、もう1人加わっていただき、バッハのコラール

「主よ人の望みの喜びよ」と「目覚めよと呼ぶ声あり」。

学校というシンプルな場所で、海を目にしながらの

この2曲をいかがでしたでしょうかnotes 私も聴きたかった

ですconfident

Simg_3436

 

 そして最後にもう2人加わり、全員で「グロリア」。

シンプルなメロディーから始まり、少しづつアレンジ

されたパートが加わり、最後は全員で弾くグロリア。

一番拍手が多かったですhappy01

 

 今回は講座なので、ライアーのお話もたくさんしました。

そして、来年1月にもこういうレクチャーコンサートの依頼が

あります。今度は千葉県です。「ライアーはこういう楽器

なのだ」という事を演奏とお話でしていくと、やはり聴く

方もわかりやすいようです。ライアーを通して「伝えた

こと」を伝えている気がします。

 

 そして、終了後出演して下さった皆さんとランチへrestaurant

私たちはもちろん全員知っていますが、生徒さん同士

はまだ練習で初めて会ったくらいの方たちも。でも、

とっても楽しかったのですhappy01 終わった後という事も

あり、リラックスして色々なお話が出来ました。

鎌倉チャペルコンサートがやりたいな~という話もshine

その時はまた参加してして下さるメンバーが増えると

いいですねconfident

 

 11月3日はまたグロリアを弾きます。

今度は録音して是非聴きたいですnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海をバックにライアー演奏

 今年も七里ヶ浜高校で県民講座「癒しの竪琴~

ライアーの魅力」を、リラ・コスモスでやらせて

頂きました。

S2016


 窓の後ろは海wave どこまでも続いています。

実際には砂浜に建っているわけではなくて(笑)、道路を

はさんでいますが、座って窓の外を眺めたら海がそこに

ある感じです。授業中もさぞ気持ち良いことでしょうgawk

 

 この講座は地域の一般の方のための講座で、ライアーと

いう楽器を知って頂くためのものです。なので、楽器の

出来た背景などのお話を、発地さんが詳しくしました。

 

 ライアーは治療教育に長年取り組んで来たシュタイナー

の弟子エドモント・プラハトの「障害のある子どもたちの

心に直接入っていけるような楽器を新しく創りたい」と

いう熱意から誕生しました。今まである楽器では、そう

いったお子さんには音が強過ぎる・・・と感じたそうです。

 

 なんともいえない音、懐かしいような力が抜けるような音。

 

 ライアーを聴いていただいた方がよく言われる言葉です。

私たちもいつもそう感じています。

 

それは、ライアーがこういう特別な気持ちから生まれた

からではないでしょうか。

 「本当に心に届く音を持つ楽器を創りたい」

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 そういう話を発地さんがしました。今の世の中で普通に

なっている「売れそうだから」という気持ちとは根本が

違うところから創られた楽器です。

 

 今でもドイツの工房では一番最初にライアーが

創られた時の気持ちを持ち続けています。

ライアーとはそういう楽器だと思っています。

S2016_2


 弾いている時は見えなかったけど、こんなだったん

ですねwink

 

 途中から、この学校の男子高校生3人が聴きにきて

くれました。話にも頷いてくれているんです。

最後にライアーの伴奏で全員で「ふるさと」を歌った

時も男の子たちの声が聴こえてhappy01 

特別参加してくれて、どうもありがとうnotes

 

 今回は生徒さん方も演奏に参加して下さいました。

その話は次にまたhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧